泣ける

同じ施設で出会った象とダチョウはかけがえのない親友同士に・・・

ケニアで井戸に転落し、

群れとはぐれた生後1か月の象が、

野生動物の保護施設『DSWT』によって保護されました。

保護施設でこの小象は、

「ジョットー」と名付けられました。

pii1

保護施設内には数頭の象が保護されていたので、

ジョットーもすぐに友達ができると施設の職員は思っていました。

ところがジョットーが友達に選んだのは象ではなく、

同じように施設に保護されていたダチョウだったのです。

出会いから親友に…

ジョットーの親友であるダチョウの「ピー」は、

2014年に施設に保護されました。

それ以来、施設で象たちと共に暮らしています。

保護された当初、

ピーには「ポッド」という弟がいました。

ポッドは野生に戻り、施設を離れました。

ところがピーは、

施設での暮らしが気に入ったようで野生に戻らず、

施設に留まりました。

pii3

施設にやって来たジョットーを見たピーは、

すぐにジョットーの傍に寄り添うようになりました。

ジョットーの方も、

ピーが傍に居ることがとても気に入っている様子でした。

それ以来、ジョットーとピーは親友同士になったのです。



彼らの日常と今後

井戸に落ちた際にジョットーは怪我をしました。

怪我を負ったジョットーを、

ピーは傍に居て支え合ってています。

餌を食べるのも昼寝するのも、

彼らは常に一緒です。

施設の職員は、

「どうやら象に囲まれて暮らしているピーは、自分の事を象と思い込んでいるようです。ジョットーは、そんなピーが大好きで傍に居てくれることが幸せなようです」

と語ります。

ジョットーは怪我が回復し、

順調に成長した際には野生に戻す予定だそうです。

深く結びついた親友同士ですが、

分かれの時がやがて訪れるのです。

お互いがお互いを必要とし、

寄り添っている感じがよく分かりますね。

やがて訪れる別れの時まで、

一緒に居る時を楽しんで欲しいと思います。