泣ける

グラウンドキーパーの女性が退職する日に日ハムの選手たちがしたお返しとは?

北海道日本ハムファイターズ

2003年、北海道民のほとんどが巨人ファンという中で、

パーリーグの「日本ハムファイターズ」が北海道に本拠地を置きます。

「日ハム?」という道民の戸惑いは瞬く間に消え失せ、

新庄剛志選手の圧倒的なパフォーマンスに引き寄せられ、

チームの中心となる稲葉篤紀選手からは

「稲葉ジャンプ」と呼ばれる現象まで巻き起こすほどになりました。

北海道に移転してからのリーグ優勝は5回、

日本一は2回になる日ハムの成績をみると、

多くのファンに支えられた、

地域密着型のチームと言えるのではないでしょうか?

そんな中で2018年3月31日、

本拠地の札幌ドームである方の引退式が行われました。



主役はグラウンドキーパー

引退式といえばチームに関わった選手や監督、

コーチを思い浮かべてしまいますが、

この日に行われたのは、

グラウンドキーパーの工藤悦子さんです。

グラウンドキーパーとは、

グラウンドを良い状態に保つ整備員のことです。

工藤さんは日ハムが本拠地を札幌ドームに移転する前から、

グラウンド整備に携わってきた熟練の整備員さんです。

5回の裏が終了し、

工藤さんは1塁ベース付近の整備に向かいましたが、

上を見上げたまま呆然と立ち尽くしています。

工藤さんの周囲には、

カメラマンがウロウロしています。

実は工藤さんは、

2018年で退職するそうです。

そのため日ハム側が、

サプライズを用意していました。

工藤さんが見上げる先には、

選手からのビデオメッセージが送られていたのです。

素敵なお返し

ドームのスクリーンには、

矢野謙次外野手と田中賢介内野手の姿が!

2人はそれぞれ、

工藤さんにメッセージを送ります。

矢野選手「工藤さんに会うことは、楽しみの1つでもありました」

田中選手「俺たちを支えてくれて、本当にありがとうございました」

工藤さんへの感謝のメッセージが送られ、

最後に栗山英樹監督から花束が贈られました。

野球は1人では出来ない競技です。

選手を支えるため、

グランドキーパーを含めてたくさんの方が支えているからこそ、

満足できるプレイができるのではないでしょうか?

選手とファンからたくさんの拍手が送られた工藤さん。

素敵な一幕ですね。