猫ちゃん

魚を盗もうとした猫とばったり視線が合った結果、男性はその猫を・・・

泥棒猫との視線

男性はある日、

海辺にあるレストランで食事を楽しんでいました。

のんびりとした空間に、

1匹の野良猫が不意に姿を現しました。

どこから入ってきたのかは分かりませんが、

おそらくレストランから漂う美味しそうな匂いに、

引き寄せられてきたのでしょう。

食事時なこともあって、

猫もお腹が空いていたようです。

猫は男性がすでに食べ終わり、

テーブルの上に残していた魚の骨に目をつけました。

男性にバレないようこっそり盗むため、

横からそ〜っと前脚を伸ばしています。

その瞬間、男性と猫の視線がバチッと合いました!

男性が猫の動きに気付いてしまったのですね。



意外な展開

猫は誰にも気づかれないように、

行動していたつもりだったようですが、

やはりすぐそばで行われている犯行は、

バレバレだったようです。

男性と視線が合った時の、

猫の心境はどんなものだったでしょう?

男性のものであろう魚の骨を、

盗もうとしていたわけですから、

かなり気まずいですよね。

もしくは男性が、

自分の行動を見咎めて怒り出すかもしれないと、

怯えていた可能性もあります。

少なくとも、良い気分ではなかったはずです。

しかし男性はこの猫のことが気になったらしく、

そのまま自宅に連れて帰ることにしました。

そして猫の方も、

同じく男性のことが気になったようで、

特に逃げる様子も見せず、

男性に誘われてそのまま家についていったのです。

家族になったふたり

男性はなぜ、

猫を家族として迎え入れたのでしょうか?

男性は魚をすでに食べ終わっていたので、

骨を猫に盗まれたところで、

なんとも思わなかったことでしょう。

しかし猫は誰から見ても、

バレバレの仕草でそ〜っと前足を伸ばしていました。

おそらくそんな姿を、

可愛らしく感じたのではないでしょうか?

ふたりが一緒になった、

具体的な理由まではわかりませんが、

お互いに視線が合った時に、

何かを感じ取ったのでしょう。

家族となったふたりの間には、

きっと運命の赤い糸が結ばれていたに違いありません。

これからも、

彼らにたくさんの幸せがあることを祈っています。