猫ちゃん

昔から猫嫌いだった男性が子猫に命を救われ、人生が180度変化!

PTSDを患った猫嫌い

救急隊員として働いていた男性は、

数ヶ月前にPTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断されました。

この障害について、男性は次のように語ります。

「私は毎晩のように悪夢にうなされ、夢の中では何かに追われて運転をしていました。」

救急隊員の男性は仕事柄、

衝撃的な現場で人の命を救ってきました。

また、

命を救えなかった時のショックも大きいとのこと。

そんな心の病に苦しんでいる時に、

1匹の子猫と出会うことになります。

悪夢から逃れるため、

お酒に依存するようになった男性は、

症状が悪化する一方でした。

そんな中友人のパーティーで、

子猫の里親にならないかと声を掛けられます。

場の雰囲気と気分が高揚しているせいもあり、

猫嫌いでありながら子猫を引き取ることに、

同意してしまいました。

猫嫌いで飼ったこともない男性ですが、

一体どうなってしまうのでしょう?



シロ

パーティー会場で気軽に猫を飼う約束をした男性は、

翌朝かかって来た電話の指示である家に訪れ、

生後8週間の子猫を引き取りました。

「私はこの子を幸せにする責任がある」

と思いながら帰宅し、

子猫に『シロ』と名付けました。

子猫の世話がわからない男性は、

ペット用品店に子猫を連れて行き、

お店のスタッフに手伝ってもらいながら、

必要な物をそろえました。

シロには小さな部屋が用意され、疑問が起こるたびにインターネットで情報を収集します。

猫との触れ合いに関して、男性は次のように語っています。

「シロが昼寝をするまで部屋の隅で見ていましたが、私はそのまま眠ってしまいました。起きた時、シロが私の首の周りでカールをしていたのです。猫アレルギーを心配していましたが、不思議なことに反応が出なかったのです。」

心の安らぎ

子猫と過ごす生活の中で彼の成長と共に、

心に喜びを感じるようになった男性は、

シロが最高のパートナーとなりました。

男性の傷ついた心も、

自然に癒されていったそうです。

シロとの出会いで猫好きになった男性は、

心の病について次のように語りました。

「もし、あなたがPTSDやうつ病で苦しんでいたら、ぜひ猫と一緒に暮らして下さい。彼らはあなたの心に安らぎを与えてくれます。猫たちがどれだけ人間の心を癒してくれるかを、周りで苦しんでいる人がいたら伝えてあげて下さい。」

子どもの頃から猫が嫌いだった男性は、

猫によって人生が救われました。

今では最愛のシロと、

充実した毎日を送っているそうです。