わんちゃん

留守中なのに寄せられた騒音の苦情→原因を究明したら衝撃事実が判明・・・

留守中に騒音の苦情?

 家族が留守の間、飼っているペットが何をしているのかは、多くの飼い主さんが気になることでしょう。良い子にしているのか、寂しがっていないか、イタズラしていないかと、いろいろ考えると思います。

 帰宅すると家の中に物が散乱していたり引き出しが開いていたり、なんて経験があった人もいるでしょう。イタズラ好きの子なら飼い主さんがいない間に悪さしようと思ったのかもしれないし、寂しがりの子なら寂しさを紛らわせるために暴れたのかもしれないし、理由はあるはずです。

 しかしながら、誰もいない間にこんなことをしているワンちゃんがいるなんて。これはもう特技と言っても良いくらいです。あるご家庭に寄せられた騒音の苦情の原因を、動画にてご覧ください。



弾き語りドッグ

 カメラを設置した理由は、留守中の騒音でご近所から苦情があったからだそうです。留守なのに騒音とは、怖いですよね。

 しかし、そのお家にはワンちゃんが残っていたのです。ピアノの椅子に飛び乗ってきたワンちゃん。鍵盤に手をかけて鳴らしたかと思うと、遠吠えもしだしました。

 まるで、ピアノで弾き語りをするシンガーです。聞いていると、何だか切ないバラードを歌っているようにも思えてきました。

 ピアノよりもだんだんと遠吠えに力が入ってくるので、確かにご近所迷惑かもしれません。しかし、今の寂しい気持ちを歌に乗せて表現しているかと思うと、愛しいですね。