猫ちゃん

保護された夜に初めて抱っこされた結果、ハグ癖がついてしまった子猫(笑)

初めての抱っこ

子猫の「カシュー」が保護されたのは生後2週半の時で、

捨てられていたところを拾ったそうです。

カシューが保護されたばかりの時は全身が汚れており、

ノミも大量にくっついていました。

しかも右目には問題を抱えているなど、

不安な要素がたくさんあったのです。

保護された日の夜、

不安からくる寂しさでカシューは延々と鳴き続けました。

しかし、

飼い主さんが安心させるかのようにギュッと抱きしめたところ、

カシューはすぐに鳴き止みました。

それを見た飼い主さんはカシューが安心して眠れるように、

ずっとそのままの状態でいたそうです。

するとカシューはそれ以来、

ハグをする癖がついてしまいました。



カシューのハグ癖

まず飼い主さんが、

テディーベアをカシューちゃんに近づけたところ、

嬉しそうにハグをしました。

カシューが行う愛情表現は、

「ハグ」なのです。

カシューがくつろぐ時にする行動は、

飼い主さんの膝の上で横になることではありません。

飼い主さんの胸のあたりまで来て、

ハグをすることなのです。

そこからさらに耳たぶや鼻を舐めるなど、

愛情表現が続きます。

カシューはその間、

ずっと気持ちよさそうに喉を鳴らしたりして、

ご機嫌な様子なのだそうです。

またお昼寝をする時は、

飼い主さんの胸の上に必ず乗って、

首のところに自分の頭をすりつけます。

どうやら保護された日の夜、

飼い主さんにハグをしてもらったことが、

相当嬉しかったようです。

ハグの日々

飼い主さんの首を一通りスリスリして満足した後は、

飼い主さんの腕の中で気持ちよさそうに眠ります。

身体を丸くしている姿は可愛らしいですが、

ずっとこのままの体勢でいると、

飼い主さんの腕が疲れてしまいそうですね。

しかしカシューを保護した日の夜に、

一晩中抱きしめ続けた飼い主さんなら、

そんなことはまったく気にならないのでしょう。

発見された時に全身が汚れていたということは、

ずっと外で独りぼっちだったということだと考えられます。

当然、誰かに抱きしめてもらったこともないのでしょう。

だから不安な時にハグで安心を与えられたことは、

カシューにとってとても幸福なことだったに違いありません。

これからもカシューと飼い主さんの日々は、

幸せなハグで満ちあふれていることでしょう。