猫ちゃん

保護施設へ寄付に訪れた女性が出会いを待つ最後の子猫を見て決断した事とは?

動物を家族に迎えたいけど、

譲渡会では選ぶことに抵抗を感じてしまう。

商品のように動物を扱っている、

ペットショップは問題外だと考えている方は、

彼らとの縁を待っているのではないでしょうか?

運命の出会いは人間同士だけではなく、

ペットとの間にも確かにあるようです。

1匹の子猫

リアノンさんは、猫が大好きな若い女性です。

猫を家族に迎えたいと思っていましたが、

なかなか踏み切れないでいました。

それでも彼女は不幸にも保護施設に預けられている、

動物たちの助けになればと、

自ら進んで施設に寄付をしていたのです。

そして、訪れた施設で1匹の白い子猫と出会いました。

子猫との出会いについて、リアノンさんはこのように語ります。

「施設に入ると1つだけ、子猫のいるケージがありました。臆病な子だったけど、格子に触るとすぐに鳴きながら近づいて来ました。」

偶然に出会った1匹の子猫と、

寄付に訪れたリアノンさん。

その先には何が待っているのでしょうか?



独りぼっち

10月頃、白い子猫は母猫のお腹にいた状態で、

シェルターに収容されたそうです。

この子のお母さんは、

子猫たちを生んだ後に命を落としてしまいました。

幸い子猫たちは元気で、

次々と里親さんが見つかりましたが、

なぜかこの子だけが取り残されてしまったのです。

生後2ヶ月の可愛い子猫、

なぜ里親さんが決まらなかったのでしょうか?

リアノンさんと出会うのが、

運命だったのかもしれません。

そしてリアノンさんは、

子猫の瞳に恋をしてしまいました。

寄付をしに来たつもりが、

譲渡手続きをしていたそうです。

「私が戻ってくるまで、鳴ききながら必死にケージの隙間から手を伸ばしていました。」

とリアノンさんは語ります。

ケージを離れたリアノンさんに不安を訴えた子猫は、

また独りぼっちになると思ったのでしょう。

名前はウィニー

子猫は「ウィニー」と名付けられ、

新しい環境へと旅立ちました。

しかし馴れない場所で緊張したのか、

家に付くと本棚に逃げ込んでしまいます。

初めは臆病だったウィニーですが、

3時間後には我が物顔で家の中を走り回りました。

家に連れて来て初めてウィニーを撫でると、

リアノンさんにもたれかかり喜んだのです。

「この子はシャム猫のミックスなので、少し寄り目気味です。頭やお尻を撫でられるのが好きで、もう2度も寝落ちしました。」

とリアノンさんは語ります。

シェルターでの2ヶ月を経て、

ウィニーは夢にまで見ていた飼い主さんと、

出会うことができました。

見えない糸で結ばれていたリアノンさんと、

いつまでも幸せに暮らして欲しいですね。