泣ける

冗談で「誰か靴を買ってくれない?」と言ってみた→親友の行動に涙・・・

誰かにプレゼントをする機会は、

1年間だけでも何回か訪れるでしょう。

しかしそれは、

差し出す相手が本当に必要としている物でしょうか?

これからご紹介するお話は、

誕生日でもクリスマスでもありません。

ある男の子が何気なく口にしたひと言が、

友人の手によって目の前に現れたのです。

アメリカのサウスカロライナ州の高校に通っている、

ソフィーさんとジャヒーム君は幼い頃からの友達です。

ある日、何気なく口にしたジャヒームくんの言葉が、

ソフィーさんの胸に引っかかりました。

その願いを叶えてあげようと、

ソフィーさんはある物をプレゼントすることに。



「誰か靴を買ってくれない?」

ある日のことジャヒーム君が学校で、

次のような希望を口にしました。

「誰か、サイズが10インチか11インチの靴を僕に買ってくれないかな?今の靴が好きじゃないんだよね。」

この時のジャヒーム君は、

特に困った感じてはなかったそうです。

何気なく言葉にした彼の想いを、

ソフィーさんは簡単に聞き流すことができませんでした。

小学校からの同級生で仲良しのジャヒーム君に、

何とかしてあげたいと思ったのです。

そこでソフィーさんはアルバイトで貯めたお金と、

母と祖父からの援助で靴をプレゼントすることにします。

プレゼントに号泣

そして数日後、

学校でジャヒームくんに新品のスニーカーを渡すことに。

箱の中身を見たジャヒームくんは、

思わず泣き崩れてしまいます。

ソフィーさんはジャヒーム君に、

スニーカーをプレゼントした理由を次のように語りました。

「いつもハッピーな彼ですが仕事はきちんと終わらせ、学校も休みません。授業ではいつも先生の手伝いをするような生徒です。」

ソフィーさんは明るくて誠実な、

ジャヒーム君のことをちゃんと見ていたのですね。

もともとソフィーさんは、

いつかプレゼントをあげたいと考えてはいたそうですが、

自分のお金や本気でプレゼントをあげる勇気がないことから、

ずっと躊躇っていたそうです。

その後彼にスニーカーを渡すと、

ソフィーさんも感情がこみ上げてきたと言います。

誰かに与えた幸せは自分の喜び

プレゼントをもらい、

泣き崩れるほどジャヒーム君が喜んだことについて、

人生を変えるくらい特別なことなのだ、

とソフィーさんは気づきました。

軽い気持ちで口にしたジャヒーム君の真意を、

ソフィーさんは見抜いていたようですね。

そしてプレゼントのお金が、

自分で働いたお金であること、

この経験を感謝しているソフィーさんには、

賛美する声がたくさん寄せられています。

誰かに与えた幸せは、

自分の喜びとなるようなソフィーさんの行動に、

真のプレゼントとは何かと考えずにはいられません。