猫ちゃん

ひとりぼっちだった子猫を育てた犬!2年経っても変わらない絆に心温まる・・・

ひとりぼっちだった子猫

ヘレナ(Helena)さんはある日、

サイトの掲示板に子猫と犬の写真を投稿しました。

子猫の名前はモーゼ(Moses)と言って、

納屋に捨てられていたところを発見して保護したそうです。

モーゼが乗っている犬はモリーと言うのですが、

背中に乗られてもまったく重いと感じていないようです。

そしてモーゼの様子から、

自分より体格の大きいモリーを怖がっていないことも伺えます。

ヘレンさんはモーゼを発見した時のことを、

次のように語っています。

「農場に住んでいる私の両親はいつも犬たちの散歩をしているの。その時に納屋から変な鳴き声が聞こえて、中にいるモーゼを見つけたの。まだ生後3週間くらいだったわ。」



子猫を育てる犬!?

モーゼを保護したヘレンさんの母親は、

彼女に食べ物を与えましたが、

猫にあげるミルクがありません。

ミルクを買いに出かけている間、

モーゼには犬たちを見守りにつけました。

そんな流れでモリーは、

モーゼのお世話を任されるようになったのです。

こうしてモーゼとモリーの、

不思議な関係が始まりました。

いつも一緒にいるうちに、

モーゼはモリーの影響を受けたらしく、

仕草や行動がすっかり犬のようになってしまったそうです!

自分を育てている相手は犬なのですから、

そうなってしまうのは必然でしょう。

2匹はあくびをしている姿まで似ています。

変わらない関係

月日がどれだけ経過しても、

2匹の関係はまったく変わっていません。

あんなに小さかったモーゼは、

立派に大きく成長していますが、

相変わらずモリーといつも一緒にいます。

こんなに大きくなったことで、

モリーが以前モーゼにしていたように、

モーゼがモリーの枕になることもできるということですね。

モーゼは犬たちの人気者のようで、

モリーの隣に違う犬が寝そべることもあります。

モーゼが大きくなった今でも、

彼らにとってはまだ守るべき存在と思っているようです。

モーゼが生まれた時はまだ、

自分を守ってくれる存在は周囲にいませんでした。

しかし、今はもう独りぼっちではないのですね。