猫ちゃん

ご飯を拒否して鳴き続けていた子猫→あるアイデアで口にするようになり・・・

トレーラーハウスの駐車場から、

寂しそうに鳴く子猫の声が聞こえました。

その声を聞いた家族は子猫を発見し、

ハウスの中に連れて行きます。

そしてご飯をあげようと与えてみるものの、

子猫はご飯に見向きもせず鳴き続けました。

子猫の扱いを知らない家族は困り果て、

多くの子猫を育てた経験のある女性に連絡を取ります。

連絡を受けた女性は夫と共に、

すぐに子猫の元へ駆けつけてくれました。

「子猫はかなり衰弱し、深刻な脱水症状に陥っていたのです。この状態では、命が危ないとすぐに感じました。」

と夫婦は語ります。

発見した家族に子猫を引き取ることを申し出た夫婦は、

駐車場周辺に母猫や兄弟がいないか確認しましたが、

見つけることはできませんでした。

さて、子猫はこの先一体どうなるのでしょう?



ご飯を拒否するマービス

夫婦は子猫に「マービス」と名付けます。

暖かな毛布に包まれたマービスでしたが、

依然として空腹なはずなのに食事を拒否しました。

子猫の扱いに慣れている夫婦は、

マービスを連れて帰る途中で電解質飲料を購入し、

水分補給を助ける気遣いも忘れませんでした。

しかし、それでも食事を全く口にしないのです。

「マービスは何も食べようとしませんでした。シリンジや哺乳瓶を拒否するのです。体重も僅かに90グラムしかなく、体温は低いままでした。」

と夫婦は語ります。

どうにか食べてもらいたいと、

高カロリーの栄養補助食品も用意しましたが、

まったく受けつけません。

スポンジ

困り果てた夫婦でしたが、

奥様がある方法を思いついたのです。

それは子猫を引き取った翌日の、

午前3時頃のことでした。

奥様は以前にコウモリの保護施設で、

ゴムの原料になる液体である、

ラテックス成分の入っていないスポンジを使って、

コウモリの赤ちゃんにご飯を食べさせていた、

と言う話を思い出したのです。

実際にマービスにも、

小さくちぎって食べ物を染み込ませたスポンジを口に運ぶと、

マービスはついにご飯を食べてくれたとのこと。

それから、マービスの体重は徐々に増えていきました。

マービスのその後

しかしその後、目の状態に異変を感じて病院に連れていくと、

上気道感染症と眼感染症の初期症状が発見されました。

その治療もしっかりと済ませられたマービスは、

優しい夫婦の手厚いお世話でスクスクと成長して行きました。

子猫のお世話は大変ですが、

幸せそうなマービスの姿を見ていると、

夫婦は心が温められるそうです。

生後2週間が過ぎ元気になったマービスは、

大好きな夫婦に甘えているそうです。

小さな命をあきらめなかったおかげで、

大きな幸せがこの家族に訪れたようですね。