びっくり

火垂るの墓のポスターに隠されたメッセージと、そのタイトルの真意がこちら!

高畑勲監督と火垂るの墓

日本アニメ界で尽力してきた高畑勲監督が、

2018年4月5日にこの世を去りました。

日本名作劇場のアニメ

『アルプスの少女ハイジ』『母をたずねて三千里』

『赤毛のアン』と言った多くの作品に携わり、

ジブリ作品にも貢献してきた故・高畑監督の代表作といえば、

『火垂るの墓』ではないでしょうか?

毎年のように終戦記念日頃になると、

テレビ放送されています。

作家の故・野坂昭如氏が、

神戸の大空襲の実体験から生み出された不屈の名作を、

故・高畑監督がアニメ化した作品です。

日本人なら誰もが見たことのある映画ポスターに、

あるメッセージが隠されていたことをご存知でしたか?

主人公の兄「清太」と妹「節子」が、

夏の草むらで美しいく飛び交う蛍の光の中で、

楽しそうに遊んでいる場面にはある秘密が隠されていたのです。



黒い影とB29

2人の兄妹がいる上空には、

黒い影があったのです。

この黒い影の正体は、

アメリカの大型戦略爆撃機“B29”です。

第二次世界大戦末期から、

本土空襲の主役として米軍が導入した戦闘機でした。


日本人が「超空の要塞」として恐れていた“B29”は、

空から焼夷弾を投下させました。

対象物を火災に追い込むために投下された焼夷弾は、

親爆弾からいくつもの子爆弾が散開し、

その火がまるで「火の雨が降るように見えた」そうです。

その雨が夏の草原では蛍の光になり、

『火垂るの墓』とは「蛍」と「火垂る」を、

もじった表現だったのです。

隠されたメッセージ

『火垂るの墓』のポスター画像分析を行った、

Twitterユーザーのコミナミ・コミさんのツイートには、

万単位のリツイートや“いいね”が寄せられています。


故・高畑監督は自身も子供の頃に戦争を体験したことから、

『火垂るの墓』を通してメッセージを残したそうです。

まさかポスターにもこのような工夫がされているとは、

思いもしませんでした。

大人が引き起こした戦争に、

子供たちが巻き込まれている現実は、

今でも終わることなく続いています。

『火垂るの墓』に残されたメッセージが無駄にならないように、

私たち一人ひとりが意識しなければなりませんね。