泣ける

辻仁成が今泣いている人へ贈る、「もうダメだという時に効く10の言葉」!

今泣いている人へ

生きている中で、

自力ではどうしようもない壁にぶつかることは、

よくあります。

それは本人が一生懸命に努力していても、

真面目に暮らしていたとしても、

多くの人に必ず訪れる試練と言えるでしょう。

限界まで頑張ったり、

他人に頼ったりしても

「上手くいかない」「もうダメだ」

と思った人に効く良い言葉があります。

作家やミュージシャン、

さらには監督などと言った、

様々な分野で活躍している辻仁成(@TsujiHitonari)さんが、

Twitterに多くの人の心に響く言葉を投稿しました。

タイトルは「もうだめだという時に効く十のことば」。



もうだめだという時に効く十のことば

辻さんが投稿した10の言葉の内容は、

体を休めたり心を落ち着かせたりすることを促す、

ちょっとしたことです。

当たり前のことなのですが、

身も心も疲れている時は、

そういった基本的なことも忘れて、

自分を追い詰めるような状況に陥ります。

そのため、当たり前な言葉こそが重要なのです。


辻さんの言葉を見たことで、

少し元気を取り戻した人々による、

「もしまたつらくなったら読み返そう」

と言う内容のコメントが、

しばしば寄せられています。

苦しみや悲しみは消えても一時的なもので、

また負の感情に襲われる日はやってきます。

それでもいつかまた時間が経てば、

消えていってくれるものなのです。

ネットの反応

「もうだめだ」と思いながらも、

必死に生きている人たちから投稿に対して、

さまざまなコメントが寄せられています。

コメントの中には投稿された言葉のおかげで、

心が癒された様子が伝わってきました。

・いまの自分にとって、この言葉は支えになります。

・ちょうど「もうだめだ」と口にしそうだったけど、頑張ろうと思えた。

・すごくいい言葉…。

・今日はひとまず休んで、明日の朝にもう一度考えることにします。

皆さんの大切な人がつらそうにしている時は、

辻さんの言葉で元気にしてあげてください。

元気になれば笑えるようにもなりますので、

その人にとって大きな心の支えとなるでしょう。