泣ける

道路に立つ男女が思わず写真を撮影したくなるほど人々を感動させた理由とは?

世界で最高峰のメジャーリーグがあるアメリカは、

合計30チームがひしめき合っています。

全米各地の地名が、

チーム名の一部になっていることから、

アメリカの野球人気は日本と比較になりません。

ベースボールが大好きなアメリカ人は、

様々な人が球場に訪れては、

ゲームを楽しんでいると思います。

アメリカに住んでいるライアンさんも、

野球好きな1人です。

ライアンさんはその日、

友人と一緒に野球の試合を見た後に、

近くのレストランで食事をしていました。

そのレストランは建物の屋上にあり、

球場から帰る人たちを見下ろすことができたそうです。

ライアンさんが何気なく外を眺めると、

白い杖を持った男性が立っていました。

そして数分後に、

1人の女性が男性に近寄ります。

その光景に、

思わずレンズを向けてしまったライアンさん。

果たして、

何が起きたのでしょう?



道路の男女

男性は白い杖を持っていることから、

目が不自由な方だと思われました。

野球のユニフォーム姿をみると、

どうやら「シカゴ・カブス」を応援していたようです。

男性は道路わきでタクシーを拾おうとしていましたが、

人が多いのもあって、

なかなか捕まえられていないようでした。

そこへ1人の女性が男性に近寄り、

次のように声を掛けていたそうです。

「タクシーを拾いたいのですか?よければ、お手伝いしますよ」

そう声を掛けると女性は男性の側で、

タクシーを捕まえました。

男性はタクシーに乗る別れ際に、

女性にハグをして感謝を表しました。

この様子を見ていたライアンさんは、

女性の親切な行動に感動し、

写真を撮ってFacebookに投稿したのです。

「たくさんの憎しみをメディアが報道する世界で、親切な行いを目にするのは素晴らしいことです。彼女の優しさが広まるように、自由にシェアして下さい。」

ライアンさんはこのように綴っています。

一声の優しさ

ライアンさんがインターネットに投稿したことにより、

女性は26歳のケイシーさんであると判明します。

海外メディア『FOX59』が、

ケイシーさんに取材してこのようなコメントを貰いました。

「(タクシーを拾おうとしている)男性の前には多くの人が立っていました。だから、手助けしようと思ったのです。大した事はしていません。」

また助けられた男性がユセフさんであることも判明し、

『FOX59』に次のようなコメントを寄せました。

「彼女は、私が困っていることに気づいてくれました。親切なだけではなく、あの状況をうまく対処してくれました。彼女は、目の不自由な人が望む方法で手助けを申し出てくれたのです。」

目の不自由な男性に、

ひと声かけてから手助けをしたケイシーさん。

何か困っている人を見かけたら、

ひと声掛けて必要性を聞いてから行うと

『おせっかい』にはなりません。

1つの親切で誰かが幸せになれたのなら、

助けた側も幸せな気分になれるのではないでしょうか?