猫ちゃん

空腹の子猫が勇気を出して民家の庭に現れたら食べ物より価値あるものを手に入れた!

決死の覚悟

人間に育てられた猫は、

虐待をされていない限り人を怖がりません。

しかし野良猫の母親がその環境で育てた子猫は、

人間に懐くのは難しいと思います。

彼らにとって人間は、

怖い存在でしかないのです。

そんな子猫が空腹のために保護され、

少しずつ幸せに近づいていくお話をご紹介します。

これは、

アメリカのウエストバージニア州での出来事です。

ある民家の庭に、

悲しい顔をした1匹の子猫が現れました。

長毛種でモコモコになった子猫は、

どうやら空腹のために民家に現れたようです。

その姿や行動に違和感を覚えた発見者は、

地元の動物愛護団体に通報しました。

子猫は無事に捕獲できましたが、

長い間外で暮らしていたと思われる子猫は体中が毛玉に覆われ、

泥や糞尿が付着していたのです。

無事に保護団体に引き取られた子猫には、

どのような運命が待っているのでしょうか?



動物病院へ

あまりにも酷い子猫の状態を受けて、

動物愛護団体のスタッフはまず動物病院へ連れて行きました。

「子猫の毛は複雑に絡まり、動物病院で一部を刈り取ってもらいました。大変時間がかかりましたが、子猫は汚れた毛玉が取り除かれると、見違えるほど元気になりました。」

スタッフはこのように語ります。

猫のグルーミングやカットは、

麻酔で眠らせてから行いますが、

目が覚めた時にこの子は、

スッキリした気持ちだったでしょう。

かなり不快な思いをして暮らしていたようです。

野良猫でしたが、安心して人に撫でられています。

助けてくれたスタッフのもとで、

一時保護された子猫は安心して暮らしていました。

保護され人に心を許した子猫ですが、

このまま無事に里親さんが見つかるのでしょうか?

食べ物よりも価値あるもの

しばらくして幸運にも、

子猫を家族に迎えてくれる里親さんが現れたのです。

「シド」という素敵な名前も付けられましたが、

目まぐるしく変わる環境に、

シドは適応する事が出来ませんでした。

「シドは数ヶ月の間、物陰に隠れてばかりでした。長い間野良猫と暮らしてきたので、容易に人を信じることができないのでしょう。しかし、毎日愛情を持って接していたので、シドは少しずつ馴れてきて、抱っこしても嫌がらなくなりました。いつの日かシドが、心から信頼してくれることを、辛抱強く待ちたいと思います。」

里親のタミーさんはこのように語りました。

シドのペースに合わせて、

時が来るのを待ってくれるタミーさん。

このような飼い主さんに出会えて、

シドはとても幸せな子猫です。

いつか背負った過去を乗り越えて、

心からタミーさんを信頼する日が来るはずです。

その時は、そう遠くないのではないでしょうか?