猫ちゃん

車にバンダナを踏まれて動けなかった子猫を男性が助けたら・・・

子猫の叫び声

ブランドンさん(@arshem)がある日、

自宅近くの道を歩いていた時に、

子猫の叫び声が聞こえてきたそうです。

ブランドンさんはすぐに声の聞こえる方を向き、

車のタイヤの近くに子猫の姿を見つけました。

子猫が叫んでいた理由は首に巻き付けていたバンダナが、

タイヤの下敷きになって動けなくなっていたからのようです。

すぐに子猫を解放してあげたブランドンさんに対し、

子猫はとても嬉しかったことを表すかのように、

足にスリスリしてきます。

子猫を放置しておくことができなかったブランドンさんは、

このまま保護することにしました。

自宅に帰ってきたブランドンさんは、

ひとまず子猫を赤ちゃんのように抱きかかえて、

性別を確認しようとしました。



子猫の性別

子猫を仰向けにして性別を確認したところ、

子猫は女の子だったことが分かりました。

子猫は喉を幸せそうにゴロゴロ鳴らし始め、

その後もしばらく鳴らし続けます。

そして最後には疲れたのか、

子猫はそのままの格好で寝てしまいました。

獣医さんに診てもらうためブランドンさんは、

子猫を柔らかい毛布に包んでから車に乗せました。

しかし子猫はそれが窮屈だったのか、

しばらくすると毛布から抜け出て、

ブランドンさんの肩の上へ登ってきたそうです。

病院に到着したブランドンさんは、

獣医さんに子猫のマイクロチップがないか、

確認してもらいましたが見つかりませんでした。

キャプテン・シャドー

飼い主さんを探す方法として、

マイクロチップを諦めたブランドンさんは、

別のやり方で探すことにしました。

地元新聞への投稿やチラシの配布、

子供の学校で通知してもらうなど、

数々の方法を試します。

そこまでしてもし飼い主さんが見つからなければ、

自分が子猫の里親になろうと決めていました。

結局飼い主さんを見つけることはできず、

ブランドンさんは子猫を家族として正式に迎え入れたそうです。

子猫の名前は「キャプテン・シャドー」とつけられました。

その後も順調に大きな成長を遂げたシャドーは、

今もブランドンさんと一緒に幸せな日々を送っているそうです。