びっくり

壊れた3DSを修理してもらったら信じられない値段を請求された!

3DSの修理

「ニンテンドー3DS」は、

2011年に任天堂から発売されたゲーム機です。

数多くのソフトを手軽に楽しめることから、

根強いファンが世界中に存在しています。

Twitterユーザーの@kaboo_factoryさんは、

そんな3DSの初期型を持っているファンの1人です。

カブーさんが投稿した3DSにまつわる体験談に、

多くの人が衝撃を受けています。

長い間ずっと使用していた3DSの電源が、

ある日急につかなくなってしまいました。

投稿者さんはゲーム機の修理を任天堂に依頼したのですが、

その後スタッフから思わぬ返事が返ってきます。



信じられない値段

「充電池が膨張していたので、メイン基板と充電池を交換しました。あとボロボロだったので、スライドパッドとボタンも全部交換しておきましたよ」

「故障の原因となった部品」の交換のみならず、

「使い古してボロボロだった部品」

もサービスで交換したというのです。

さらに投稿者さんを驚かせたのが、

請求された修理費用です。

「部品代は71円です」

あまりの安さに、

スタッフが金額を間違えたのではないか、

と疑ってしまいますね。

別途に技術料はかかったものの、

部品交換でかかった費用は本当にそれだけだったようです。

ネットの反応

三桁にすら届いていない部品代に対し、

ネット上では感嘆の声が続々と上がっています。

数多く寄せられたコメントの中には、

「似たような経験をした」

というユーザーの声もたくさん見受けられます。

・任天堂がユーザーに優しすぎる。

・これぞ本当の神対応!

・初期型ってことはもう生産していないのだから希少な在庫部品だろうに…。

任天堂はサービス精神を持って、

誠実な対応をすることでも有名な企業です。

その姿勢からはお客さんを大切にする気持ちと、

おもてなしの心がよく伝わってきます。