びっくり

たった1人子供のため、クリスマスに奔走したゲーム屋の店員に感動!

ドラマや映画等で、小さな子供が何かしらのプレゼントを貰い、狂喜乱舞するシーンがあります。

お子さんのいる方は理解できると思いますが、

本当に子どもは飛び上がって喜びを表現してくれるのです。

それがクリスマスでサンタさんからの贈り物となれば、

なおさらではないでしょうか?

喜ぶ子供の姿は、

見ているこちら側も本当に嬉しくなってしまいます。

そのようなお子さんに、

機転の利いた行動をされた方がいました。

Twitterユーザの「黒口リ子様」さんが、

迷えるお母さんとお子さんのために奔走し、

ひと役演じたそうです。



ゲームのクリスマスプレゼント

とあるゲーム店でアルバイトをしていた黒口さん。

クリスマスも近いある日、

1人の母さんが悲し気な顔で相談してきたとのこと。

お子さんがサンタさんへ、

『今は販売されていない古いゲーム』

をお願いしたそうです。

「売ってませんよね…」

と今にも泣きそうなお母さん。


おそらく何店舗も歩き回って、

半ばあきらめての問いかけだったのでしょう。

その姿を気の毒に思った「黒口リ子様」さんは、

全店舗に電話をかけて問い合わせます。

そして、やっと在庫を見つけ出しました!

しかし、その商品が店に届くのは25日だったそうです。


間に合わないと思った黒口さんは、

素晴らしい思いつきをしました。

それは、サンタの仲介役をするというもの。

「このお店にこのチケットを持っていき、プレゼントを受け取ることができるかな?」

という子供さん向けのクエスト方式の手紙を書いて、

お母さんに枕元に置いておくように指示しました。

サンタからの手紙

そしてクリスマスの当日。

お店にチケットを持った男の子が現れました。

黒口さんも男の子も、

お母さんもドキドキになった瞬間です。

チケットを見せた男の子に、

「サンタさんから預かっていますよ」

とゲームを渡したそうです。

男の子はその場で開封し、狂喜乱舞したとのこと。


よっぽど欲しかったゲームだったのですね。

「クリスマスになると、ちょっと人助けできた」

とのことですが、ちょっとどころではありません。

それでなくてもクリスマスの忙しい時期に、

1人の子供のために商品を探し、

小芝居までするのは普通出来ない事です。

そしてこの素晴らしいアイデアは、

この家族にとって一生忘れられないクリスマスを、

もたらしたのではないでしょうか?