びっくり

ある夜行バスが「靴を脱いで」乗るように指示する理由がこちら…!

深夜に走る夜行バスは料金も格安で、

寝ている間に目的地へ着く便利な交通手段です。

しかし寝ている間なので、

景色を楽しむのが目的でなければ、

快適と思われるかもしれませんが、

そうでもないのが実情です。

通常のバス座席を、

カーテンで仕切っているだけなので、

隣のイビキは丸聞こえです。

トイレはバス内にありますが、

そこを利用する方々の音も気になります。

暖房等の調節は自由にできず、

やはり椅子が普通の座席なので、

快適に寝るには苦しいです。

そして朝目的地に着いたころには、

身体の節々が痛くなっていないでしょうか?

バス会社によっては、

カーテンで仕切られていない所もあるかもしれません。

そんな夜行バスですが、

Twitterユーザーのぐろっちさんが乗車したバスが、

とにかく凄かったのです。



靴を脱いで乗る夜行バス

「靴脱いで乗ってくださ~い」

と夜行バスで初めて言われたぐろっちさん。

靴を脱いでバスに乗り込むと、

見たこともない世界が広がっていました。

ここはバスの中なのですよね?

通路は絨毯張りになっています。

これでは汚れた靴で歩けません。

座席は個室になっているようですが、

まるでミニミニホテルのようです。


まくら状になっている頭のシートは、

移動が可能のようでスリッパも用意されています。

窓際にたくさんのスイッチがあり、

空調調整やリクライニングも自動にできるようですね。

これは快適に眠れそうです。

この完全個室形式の夜行バスは

『ドリームスリーパー』と言われます。

ドリームスーパー

この超贅沢な夜行バスには、

たくさんのコメントが寄せられていました。

ちなみにドリームスーパーは、

「大阪〜東京」「広島・福山〜東京」

間を運行しているそうです。

・これなら利用したいです

・3000円くらいのバスしか乗らないからまるで別世界!

・ネカフェの個室じゃなくてバスなんだ…

・超贅沢な移動ができそうな夢の夜行バスだ!

ドリームスリーパーの乗車賃は、

新幹線よりも高いそうですが、

「送電の関係で時々停止してしまう新幹線よりも快適なのでは?」

という意見もありました。

車掌さんも乗車しており、

至れり尽くせりの豪華夜行バスは快適に眠れそうです。

一度は乗車してみたいですね。