泣ける

ハードロックをやっている父が娘の披露宴で披露した曲が感動的・・・

花嫁の父親

披露宴に出席したことのある方ならば、

ご存知だと思いますが新郎新婦から親に対して、

特別な想いを語る場面はよく見られる光景と言えます。

涙ながらに気持ちを話す感動的なシーンを見て、

もらい泣きしてしまう人も多いです。

しかし特別な想いを伝えたいのは、

子どもに限った話ではないようです。

とある披露宴において、

花嫁の父親が熱唱した歌に、

称賛の声が数多く寄せられています。

花嫁の父親である高橋進さんは、

大学時代からずっとバンド活動を続けてきました。

60歳になっても

「親父バンド」として活動を続けているそうで、

主なジャンルはハードロックなのだそうです。

年齢を重ねても、

夢中になれることがあるのは良いことですね。



糸/中島みゆき

高橋さんは、

「娘が結婚する時は、歌いたいと思っていた」

と語っており、

バンドを続けてきた理由の1つでもあるのでしょう。

普段のバンド活動で、

ハードロックをやっていることを説明し、

会場にいる人たちを笑わせています。

流石に披露宴で、

ハードロックを歌うつもりはないらしく、

代わりに高橋さんが選んだのは、

中島みゆきさんの「糸」でした。

高橋さんの歌を聴き、

会場は一瞬静まり返った直後、

歓声が湧きおこります。

バンド活動で鍛えられた歌声で熱唱された

「糸」は、人々を大きく感動させました。

ネットの反応

高橋さんが披露宴で熱唱した素晴らしい歌声に対し、

感動したという旨のコメントが数多く寄せられていました。

・「会うべき糸に出会えることを人は幸せと呼びます」に、父親の万感の思いを感じました。

・これがカッコいい親父ってやつですね…

・聞く前に予想していたよりも10倍以上うまかった!

・会場を一気に黙らせてしまう歌唱力に脱帽!

娘さんの新たな門出を祝うため、

思いのたけを込めて歌った高橋さんの歌声に、

感動しました。

高橋さんの祝福が込められた歌声は、

花嫁の心にしっかり届いたことでしょう。