泣ける

「神様、7日間の元気な時間をください」妻に先立たれた男性の泣ける投書!

妻が願った最期の『七日間』

大切な誰かを残して、

自分の方が先にこの世を旅立つことになった時、

人が心の底から願うことは何でしょうか?

ある日の朝日新聞を読んでいた、

Twitterユーザーの@p_p_pinkertonさんが、

掲載されていた投書を投稿して話題になりました。

朝日新聞に投書をしたのは、

神奈川県に住んでいる71歳の男性で、

宮本英司さんと言います。

投書のタイトルは「妻が願った最期の『七日間』」。

彼の奥様である容子さんは、1月中旬に亡くなりました。

奥様は「七日間」と題した詩をノートに書き残し、

入院していたベッドの枕元に置かれていました。



7日間の元気な時間

神様お願い、七日間の元気な時間を私にください。
一日目には台所に立ってあなたが好きな餃子や肉味噌、カレーもシチューも冷凍しておくわ

奥様は次の二日目に趣味の手芸、

三日目は身の回りにあるものの片づけをすると綴っています。

四日目は飼っている愛犬、

そして旦那さんと一緒にドライブへ行くそうです。

五日目は11個分のケーキと、

プレゼントを準備して子と孫の誕生日会、

六日目は女子会で友達とカラオケに行くと記されています。


七日目は旦那様と静かな部屋で過ごし、

手をとられながら時が来るのをゆっくり待つそうです。

そして旦那様は投書の最後に、

奥さんに向けてありがとうと感謝の言葉を述べています。

奥様の愛情

ひたすら旦那様を想っている、

奥様の愛情が伝わってくる内容ですね。

突然の入院で不安や絶望を感じていたことでしょう。

しかしそれよりも愛する旦那さんや家族、

友人たちと過ごした日々に想いを馳せる詩は、

素晴らしいものでした。


投稿された投書はあっという間にシェアされ、

多くの人々を感動させました。

最期まで旦那様に手をとられながら、

静かにこの世を去った奥様の人生は、

きっと幸せに満ちたものだったでしょう。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。