びっくり

エレベーターで階数ボタンを押し間違えた時に取り消す方法がこちら!

高層ビルの階数が、

60階前後もあるのは当たり前です。

一般の人が60階もあるビルやマンションを階段で上るのは、

階段を上って体力づくりを目的とした大会でなければ使いません。

やはりお世話になるのは「エレベーター」ですが、

行き先の階数ボタンを押し間違えてしまうことは、

誰しも経験があると思います。

その間違いが1人であれば多少のイライラですみますが、

他の人がいたとしたらバツが悪いですよね。

誰も降りない階で、開かれた扉はむなしいものです。

そのような時、

押した階数のボタンを取り消す方法があることを、

ご存知でしょうか?

この方法を覚えておけばもう忙しい時に、

イライラしたり他人がいて気まずい思いをしなくてすみます。



ダブルクリック

動画では何が起きたかわからない方のために、

メーカーごとのダブルクリック方法をご紹介します。

いずれもキャンセルしたい階数ボタンを訂正する場合です。

・HITACHI(日立製作所):ドアが開いている間に2連打

・TOSHIBA(東芝エレベーター):ドアが開いて無くても2連打

・MITSUBISHI(三菱電機):ドアが開いている間に2連打

・FUJITEC(フジテック):ドアが開いている間に2連打

・OTIS(日本オーチス):ドアが開いている間に2連打

・Panasonic(パナソニック電工):ドアが開いている間に2連打

東芝以外のエレベーターは、

開いている間に2連打すると訂正できるようです。

長押し(古いタイプ)

メーカーごとに、

押す秒数が違うのでそれぞれご紹介いたします。

この場合も、

キャンセルした階数ボタンの訂正です。

・HITACHI(日立製作所):機種によって1秒ほど押し続ける。

・TOSHIBA(東芝エレベーター):1秒ほど押して点滅したらもう一度押す。また、3~5秒押し続ける。

・MITSUBISHI(三菱電機):古い場合は、押し続けるとOKの機種もある。

・FUJITEC(フジテック):強く2連打か、5〜10連打

またFUJITEC(フジテック)では、

×をなぞると訂正できる機種もあるそうです。

長押しでは訂正するのがためらわれる操作方法もありますが、

まずは「ダブルクリック」を覚えておくと、

エレベーターでイライラしなくてもすみそうですね。