びっくり

飛行機に乗る直前に見かけた男性の様子がおかしいと察した女性は・・・

天候で飛行機が遅れただけで怒鳴りだす人がいる中、

今回ご紹介する女性はなぜ、

予定の飛行機に乗らなかったのでしょうか?

2016年の冬に起きた出来事です。

シャイナ・ムリーさんは、

アメリカのダラスへ向かう飛行機に搭乗する予定でした。

フライトに遅れはなく、

シャイナさんは搭乗が始まる少し前に、

ゲートに到着します。

ゲート近くのベンチに座り、

携帯のゲームで時間をつぶしていると、

男性が近くの床に寝そべっていました。

人が行きかう通路で、

苦しそうに顔をゆがめている男性を、

気に掛ける人は誰もいません。

シャイナさんは、駆け寄って男性に声を掛けました。

男性は一体どうしたのでしょう?

シャイナさんにも搭乗時間が迫っています。



様子がおかしい男性

シャイナさんが男性に声を掛けると、

彼は「飛行機に乗り遅れてはいけない」

と何度も繰り返します。

根気強く会話をする中で彼が

「ウィル」という名前の男性であること、

そして自閉症だという事が分かりました。

ウィルさんは、パニック症状を起こしていたのです。

「明らかに様子がおかしいかったのですが、理由がわからないので救急車を呼びました」

シャイナさんこの時のことをこう振り返ります。

救急車が到着するまで、

シャイナさんはウィルさんの側を離れずに、

落ち着いた口調で会話を続けました。

フライトの時間と食事

ウィルさんは母親の電話番号を、

シャイナさんに差し出したので、

電話をかけて事情を説明したそうです。

到着した救急隊員のチェックでは、

ウィルさんの健康は問題ないとされましたが、

このままでは1人で搭乗できそうにありません。

ウィルさんの会話から緊張のため、

何日も飲食ができなかったことを思い出したシャイナさん。

ウィルさんのフライト時間に時間があることを確認し、

飛行機に乗り遅れるのを承知で彼を食事に誘いました。

食事を終えたウィルさんは、

やっと落ち着くことができました。

そして2人は改めて自己紹介を交わして、

楽しい時が過ごせたとのこと。

さてシャイナさんはその後、

どのようにして飛行機に乗ったのでしょうか?

次のフライト

その後シャイナさんは、

ウィルさんを見送ってから、

次のフライトが待っているゲートに向かいました。

シャイナさんの対応に感動したグランドスタッフは、

彼女ために次のフライトは無償で席を用意したそうです。

シャイナさんは、

無償でチケットを再手配してくれたグランドスタッフの優しさ、

人を助けられた喜びでフライトの時間が遅れてしまったことは、

気にならなかったそうです。

困っている人のために、

自分の時間を割いたシャイナさん。

親切な行動が優しい気持ちを生む素敵な出来事で、

とても幸せな気持ちになれますね。