猫ちゃん

大好きなワンちゃんが10日ぶりに帰宅→猫の猫の最大限の愛情表現に胸キュン!

人間に飼われている一番身近な動物といえば、

「犬」と「猫」です。

彼らとの付き合いは紀元前にさかのぼりますが、

何かと比較されることが多いのではないでしょうか?

ペット好きな方の中では、

「私は犬派」「私は猫派」

と派閥が分かれるほどです。

また「犬は人に付き」「猫は家に付く」ともいわれ、

性格も生態も全く違っていて、

2匹は仲が悪い印象があります。

しかし、本当に仲が悪いのでしょうか?

ワンちゃんの首元に、

黒猫が張り付いています。

これはワンちゃんに攻撃をして、

首元に噛みついているわけではありません。

猫なりの愛情表現なのです。



10日ぶりの帰宅

ワンちゃんの名前は「Bow-Z」、

猫の名前は「Jasper」です。

「Bow—Z」は10日あまり、

家を留守にしていました。

その長い留守から帰ってきた姿を見るなり、

Jasperは喜びの頂点に!

猫らしく足元に頭を擦り付けるのではなく、

いきなり抱きつきました。

しかも首元に前足を絡ませ、

愛をささやくように顔を近づけています。

あまりの喜びに、

自分が猫であることを忘れているようですね。

小さな頃から一緒に育つと、

犬や猫の垣根を越えて仲良くなるものですが、

抱きついて喜びを表している姿は見たことがありません。

最大級の愛情表現

久々の再会をBow-Zもシッポを振っているので、

嬉しいのには違いありませんが、

あまりにもJasperが猛烈なので逃げようとしました。

「もう絶対に離れない!」

と言わんばかりに、

逃げようとするBow-Zに再び抱きつくJasper。

この子の愛情表現は、抱きつくことのようです。

決して大好きな相手に、

飛び乗ったりはしないようですね。

この2匹を見る限り、

犬と猫の仲が悪いというイメージは、

人間の勝手な思い込みだったようです。

大人しい性格と情熱的な性格で真逆な2匹ですが、

いつまでも仲良く暮らして欲しいですね。