わんちゃん

1匹の保護犬が身寄りのない子猫に愛情を注ぎ続ける理由に胸が熱くなる・・・

ロンダさんとズーカ

アメリカのオレゴン州に住む、

ロンダさんは預かりボランティアをしており、

身寄りのない子猫を保護する活動に取り組んでいます。

今までに自分で育てた子猫の数は、

100匹以上にものぼります。

「たった1人で100匹も育てるのは難しいのでは?」

と思う方もいるでしょう。

しかしロンダさんには、

とても心強い味方がいるのです。

それは「ズーカ」と言う名前の、

12歳になる保護犬です。

ズーカは自分が母親となって子猫たちの世話をし、

ロンダさんを手伝ってくれているそうです。



愛情を注ぎ続ける理由

まずはズーカが子猫たちに寄り添っている姿を、

動画にてご覧ください。

映像を見れば、

子猫たちの彼女に対する信頼や、

彼女の持つ優しさなどが伝わってくるはずです。

ズーカが子猫のお世話をするようになった理由を、

ロンダさんは次のように語っています。

「ズーカは以前に、2度の別れを経験しています。1度目は自分の子どもが里親に引き取られていった時、そして2度目は先住猫であるスタウトが亡くなったときのことです。私の家で暮らすようになったズーカは常にスタウトの側にいたので、彼が亡くなった後は悲しみからふさぎ込んでいました。」

母親代わり

「私は彼女の元気が少しでも戻るようにと、ある日保護してきた子猫を側に置いてみたんです。すると、彼女は子猫達の側にゆっくりと近寄っていきました。それ以来、自分から子猫達のお世話をするようになったのです。」

ズーカは子猫たちの母親代わりとなって、

お世話を頑張っています。

おそらく以前につらい別れを経験したことで、

命や愛がどれだけ大事なものか、

痛感しているのかもしれません。

現在もロンダさんは、

身寄りの無い子猫たちを保護しているそうです。

これから先もズーカがいてくれれば、

救われていく命はたくさんいることでしょう。