泣ける

オリンピック観戦中、「なんで目の色が違うの?」と息子→その後の言葉に父は感動!

違う目の色

俳優でTwitterアカウントを持っている、

佐藤二朗(@actor_satojiro)さん。

息子さんと一緒に、

テレビでオリンピックを観戦していた時の出来事を、

ツイートしました。

オリンピックを見ている最中、

息子さんはこのような質問をしてきました。

「なんで、めのいろがちがうの?」

佐藤さんはお酒を飲みながら、こう答えます。

「世界には目の色や髪の色、肌の色が違う人たちはたくさんいるんだよ。本当は全員で仲良くできるといいよね。でも、そうはいかないみたい。」

世の中には、

あまり仲が良くない人たちもいることを、

遠回しに伝えたようです。



何とかする!

「ぼく!なんとかする!」

息子さんはこうきっぱりと宣言しました。

まだ幼い年齢であるにもかかわらず、

仲が良くない人たちを仲良くさせようとする、

強い意志が感じられた一言でした。

佐藤さんが説明した話は、

何重にもオブラートで包んだ上に、

子供でも分かりやすいものとなっています。


そのため仲が悪いのは誰か、

自分は何をすれば良いかなどを、

息子さんは分かっていないはずです。

それでもためらいなく、

自分が何とかすると断言した息子さんは、

シンプルながら頼もしいと感じる姿でした。

佐藤さんは酔っぱらった状態で話していたものの、

息子さんの返事に

「奇跡のような大志を抱け」と思ったようです。

ネットの反応

息子さんはオリンピックを見たことで、

世界にはいろんな人たちがいると学びました。

息子さんの言葉に感動したのは、

佐藤さんだけではないようで、

この話には13万以上の

「いいね」がつけられています。

・息子さんの頼もしさに「子は宝」という言葉を実感します

・カッコ良くも可愛らしいとおもえる御子息ですな

・息子さんのこの純粋な気持ちを守りたいとおもう

・君ならきっとできる!

この息子さんにより良い未来を残すことができるのは、

今を生きている大人たちです。

子どもたちが諦めていないのに、

大人が先にくじけてしまってはいけませんね。