泣ける

「最悪のバレンタイン」だと思っていた少女を救った心優しい王子様に感動!

最悪のバレンタインデー

アメリカのバレンタインデーは、

「男性から大切な女性へプレゼントを贈る日」

となっています。

しかし学校では男女問わず、

クラスメイトにお菓子などを配るそうです。

オハイオ州に住んでいるアイスリンさんも例にもれず、

バレンタインの日にクラスメイトへお菓子を渡しました。

しかしそれに対するお礼の言葉や、

お返しのプレゼントはなかったのです。

アイスリンさんは悲しい気持ちを抱えたまま、

帰りのバスに乗りました。

すると1人の女子生徒が追い打ちをかけるように、

アイスリンさんの外見をけなす、

心ない言葉をぶつけてきたのです。

ただでさえ学校で傷ついたばかりのアイスリンさんは、

相当ショックを受けたことでしょう。



心優し王子様

アイスリンさんの母親は、

学校から帰ってきた娘さんの様子が、

おかしいことに気付いて理由を聞きます。

するとアイスリンさんは、

「いままでで最悪のバレンタインデーだった」

と泣きながら事情を説明したのです。

アイスリンさんの話を聞いて心を痛めた母親は、

友達のアビーさんに相談しました。

そして今度は、

アビーさんが息子さんであるアイザイア君に話をしたところ、

彼は「アイスリンさんを笑顔にしてあげたい」

と言ったのです。

アイザイア君は花束とチョコレート、

そして大きなクマのぬいぐるみを持って、

彼女が通う学校へやってきました。

その堂々とした姿は、

まさに白馬の王子様に見えます。

素敵なサプライズ

アイスリンさんの母親とアビーさんが友達同士なこともあり、

この2人は家族ぐるみのつきあいをしています。

そのため、アイザイア君とアイスリンさんも友達なのです。

アイザイア君はアイスリンさんが優しい性格であることを知っているので、

彼は渡したカードにこのようなメッセージを書いていました。

「ハッピーバレンタインデー。君がどんなに可愛い女の子か、いつも覚えていてね」

バレンタインデーは

「大切な人に愛を伝える日」です。

アイザイア君は、

まさにこの言葉に当てはまる行動をとりましたね。

彼の素敵なサプライズは、

毎年バレンタインデーが来るたびに思い出されることでしょう。