猫ちゃん

カップルがシェルターで出会ったのは、しがみついて離れようとしない猫!

離れようとしないクラッチ

猫が大好きなアンディ・ブルマゲンさんと、

婚約者のジェシカ・パーケンさんは、

地域にある小さなシェルターを訪れました。

そこに、大きなトラ猫がいたのです。

2人がケージから出して抱っこすると、

大きな猫はしっかりとジェシカさんにしがみつきました。

ジェシカさんが背中を優しくなでると、

猫は嬉しそうに顔を擦り付けて離れようとしません。

「この子は、2週間前からシェルターにいたようでした。他の動物や子供とは仲良くできないようでしたが、とても愛おしく思い『クラッチ(しがみつく)』と名付けたのです。」

ジェシカさんはこのように語っています。

最愛の飼い主に会えたクラッチですが、

ジェシカさんにはある事情がありました。



飼えない事情

2人の家には、

19歳になる超高齢のシニア猫がいました。

しかも甘えん坊で、

他の猫とは暮らしたことがないとのこと。

さらに2人には、

クラッチの苦手な幼い子供がいるのです。

現状では、

とてもクラッチを家族に迎えられるような状況ではありません。

もし無理に家族に加えたら、

家庭内が混乱に陥るのが目に見えるようです。

様々な条件が重なり、

2人は自分たちを必要としているクラッチを、

泣く泣くあきらめます。

このような時、

「ごめんね、うちでは飼えないの…」

と終わらせてしまいがちですが、

ジェシカさんたちは違いました。

少し難しいクラッチに、

せめて新しい家族が早く見つかるように、

行動を起こしたのです。

クラッチをアピール

「クラッチをおろそうとすると、しがみついて離れないのです。その時、私の目から涙がこぼれました。家族として迎えられず、本当につらかったです。」

ジェシカさんはこのように語ります。

2人はジェシカさんとクラッチの動画を、

地域のFacebookグループに投稿し、

飼い主さんになってくれるようにアピールしました。

動画をシェアした後、

ジェシカさんが再びシェルターに行くと、

グループの人たちがクラッチの周りに集まっていたのです。

そして無事に、

クラッチの新しい飼い主が決まりました。

ジェシカさんが引き取ることができませんでしたが、

クラッチの魅力を人々に伝えることはできたのです。

クラッチを幸せにしたいという思いが通じたのですね。

本当は人間が大好きだったクラッチ。

新しい家族と幸せに暮らせますように!