びっくり

オリンピックで氷上に投げ込まれたぬいぐるみが競技後に届けられる場所とは?

氷上のぬいぐるみ

2018年の平昌五輪にて、

男子フィギュアスケート日本の羽生結弦選手が、

66年ぶりとなる2大会連続の金メダルを獲得しました。

偉業を成し遂げた羽生選手に対して、

イタリアの地元紙ガゼッタ・デロ・スポルトは、

「羽生結弦とは氷上の芸術」という表現で絶賛するなど、

海外からの評価も非常に高いです。

そんな羽生選手と関係が深いのは、

ディズニーキャラクター「くまのプーさん」です。

彼がプーさんのティッシュケースを愛用しているのは有名で、

日本や海外で行われる大会では、

演技後にファンが氷上へ向けて、

大量のプーさんを投げ入れます。

しかしこれらのプレゼント、

羽生選手はどうしているのでしょうか?

その件について、

記者が本人へ質問をしていました。

フィギュアの氷上に投げ込まれたぬいぐるみの、

意外で泣けるその後をご紹介します。



ぬいぐるみが届けられた場所

「平昌と江陵(カンヌン)の住民に、全てのぬいぐるみをプレゼントしたい」

羽生選手はこのように語ったそうです。

2017年10月に行われた、

「フィギュアスケート・グランプリシリーズ(GP)ロシア杯」

でもらったプーさんのぬいぐるみ、

実は羽生選手が全てモスクワの孤児院に贈ったそうです。


試合の開催地出会ったロシアの、

恵まれない子供たちを思う羽生選手の行動は、

ロシアのファンを含めた多くの人の心を揺さぶりました。

プーさんという有名なキャラクターで、

なおかつ可愛らしいぬいぐるみをもらった子ども達は、

さぞ喜んだのではないでしょうか?

なお、同じようなことをしているフィギュアの選手もいます。

アスリートの恩送り

その選手の名前は、ジェイソン・ブラウン選手。

各地の試合で送られたぬいぐるみを、

「ドナルド・マクドナルド・ハウス」

に寄付しています。


長期で入院している子供の家族が過ごす施設で、

日本でも活動している財団です。

日本語には「恩送り」という言葉が存在します。

意味は他人から受けた恩を、

本人ではなく別の他人に返すことです。


羽生選手とブラウン選手は、

ファンから大量にもらったぬいぐるみに愛情を込め、

施設で暮らしている子供たちへプレゼントする、

という恩送りをしています。

このような社会貢献を通して、

夢と希望を人々へ与える選手こそが、

真のアスリートと呼ぶにふさわしいと言えるでしょう。