泣ける

「死んだらみんな困る」深夜に帰宅した母親、息子からのメモ書きに涙・・・

息子からのメモ

Twitterユーザーのこきあ(@akoako_0923)さんが、

2018年2月14日のバレンタインデーにTwitterへ投稿した、

1件のツイートが感動すると話題になっています。

投稿した写真にはこきあさんが、

息子さんから12年前にもらったメモが写っています。

10年以上もの間、

メモをお菓子の缶に詰めて大切に保管しておいたそうです。

当時病棟勤務だったこきあさんは忙しく、

深夜に帰宅することも珍しくありませんでした。

そんなこきあさんが夜遅くに帰ってきた日のこと。

息子さんが母親へと綴ったメモが、

テーブルの上に置いてあったそうです。

メモを読んだこきあさんは、

その場で泣き崩れてしまいました。



「死んだらみんな困る」

息子さんが書いたメモの1つには、

「ここへきたのはあらいものの、ためだな!でもおそかったよ!じゃあな」

と綴られており、

お母さんに代わって洗い物をしてくれたことがわかります。

上に描かれた小さなキャラクターは、

息子さんのオリジナルでしょうか?


「おせーよ!」と言っていますが、

これは1人でお母さんの帰りを待つ息子さんの、

率直な気持ちなのかもしれません。

他にも、

「死んだらみんなこまる だから気をつけて ほんと…」

と書かれたメモがあります。

文面だけで、

息子さんがお母さんのことをとても心配している様子が、

ひしひしと伝わってきます。

寂しさを優しさに

3枚のメモをもらってから12年が経過した現在、

すっかり成長した息子さんは社会人として、

日々立派に過ごしています。

仕事とはいえ、

独りぼっちにさせる時間が多かった息子さんを想い、

「寂しい気持ちにさせたな」

とこきあさんは話しています。


寂しい気持ちを優しさに変え、

お母さんを気遣うことのできる息子さんは良い子ですね。

夜遅くに仕事で疲れながらも帰宅した矢先、

子供の優しさが見えるこのようなメモが置かれていたら、

と考えただけで泣いてしまいそうです。

どんな風に育てたら、

こんなしっかりしたお子さんになるのか、

ぜひ教えてほしいものです。