びっくり

車のヘッドライトで視界がなくなった時の対処法がこちら!

ヘッドライトで視界が…

対向車が光らせる、

夜道のヘッドライトをまともに見ると、

歩いている時や車の運転をしているときに、

目がくらんでしまいます。

さらに雨の夜は、

ライトが濡れた道路に反射してますます眩しく感じます。

雪道の場合は車線も見えなくなり、

歩道と車道の区別もつきにくくなります。

対向車とのすれ違いで、

怖い思いをした方も多いのではないでしょうか?

一瞬何も見えなくなり、

車との距離感がつかめなくなる非常に危険な現象です。

しかし自衛隊が伝授するある方法が、

とても簡単で便利とのこと。



暗調応

この方法は自衛隊が普段から行っている、

『ライトから目がくらむのを防ぐ方法』です。

暗いところで視界を確保することを、

『暗調応』と言います。

自衛隊では日々、

自分の身を守る対策が取られているそうです。

例えで紹介してくれた場所は、

トンネルの構内です。

トンネルでは天井から壁まで、

内部に光が散乱するので大変見にくい状態になります。

この狭い空間で目がくらみ、

自分の居場所が確保できないと非常に危険ですね。

この突然起こるライトの目くらましには、

非常に簡単な方法があります。

自衛隊が教えるライフハック

「片目をつむる」だけで良いそうで、

道具も技もいりません。

片目を閉じるだけで、

すれ違う車のヘッドライトから視界を守れるのです。

後は、車が通り過ぎたら両目を開けるだけです。

とても簡単な方法で、誰にでもできそうですね。

この自衛隊式『目がくらむのを防ぐ方法』には、

たくさんのコメントが寄せられました。

・これは想像以上に便利ですね。

・自転車に乗っている時に、ヘッドライトがまぶしかったので、とても役に立ちました。

・ヘッドライトの光は、とても危険だと思っていたので助かりました。

夜に暗い道やトンネルを通行することが多い方には、

とても役立ちそうですね。