わんちゃん

幼い柴犬をお庭デビューさせたら5分でプロみたいな絡まり方に…(笑)

黒柴のお庭デビュー

野外で日向ぼっこをさせようと、

ワンちゃんを鎖やリードに繋いでいたら、

思わぬトラブルに見舞われたことはありませんか?

「クンー、クンー」

鳴き声がするので様子を見に行くと、

リードが絡まって身動きが取れない状態に…。

まだ鳴いて訴える子なら良いのですが、

黙って飼い主さんが気づいてくれるのを、

待っている姿は泣けてきます。

ワンちゃんのあるあるネタですが、


お庭デビューしたある小さな柴犬も、

さっそく絡まりの洗礼にあったそうです。

こちらの可愛い小さな黒柴は、

Twitterユーザーのこぬかさんと暮らしている、

柴犬の「陽向(ひなた)」くん。

陽向くん人気で、

別のアカウントまで作ってしまったというこぬかさんですが、

初のお庭デビューでさっそくリードを絡ませてしまったそうです。



5分でプロの絡まり方

外遊びが大好きなワンちゃんですが、

陽向くんも喜んで駆け回りました。

すると、

「5分でプロの絡まり方」と飼い主さん。

5分とはなかなかの早さですね。(笑)

なぜ同じ方向に駆けていくのか、

柱に絡まるのがまるで宿命のようです。


キレイに絡まって身、

動きが取れなくなってしまった陽向くんは、

キョトンとして何が起きたのか分かっていないようです。

自分がリードに繋がれていることすら、

分かっていなかったのかもしれません。

この様子を見ていた飼い主のこぬかさんは、

きっと大笑いしたことでしょう。

ネットの反応

見事な絡まりぶりの陽向くんには、

たくさんのコメントが寄せられていました。

多くの方々が、

陽向くんの早業(?)にホッコリしたようです。

・可愛すぎかァァァァァ!!(悶絶)

・ウチの子も似たような事あったなぁーとほっこり

・なんで動けなくなったか分かってない顔が超可愛い

・ぬいぐるみみたい!

・うちの子は鳴いてくれなかったので、3時間ぐるぐる巻き状態でした

また陽向くんは寒い時期が終わったら、

外に引っ越すとのこと。

その時は安全を考慮して、

柱のない所を検討しているそうです。

陽向くんの楽しい画像に、

これからも期待したいですね。