おもしろ

「なぜその人をチョイス?」要潤が外国人に道を尋ねられ、驚くべき偶然と遭遇!

道を尋ねられた要潤

要潤さんといえば、

香川県出身の俳優として活躍していますね。

要さんが2018年2月8日、

ある出来事をTwitterに投稿して

「流石すぎる」と多くの人に絶賛されました。

要さんはその日、

新宿でロケをしている最中でした。

その途中外国人が要さんの所まで来て、

Googleマップを見せながら道を尋ねてきました。

「ここに行きたいデース」

という相手の雰囲気から、

本当に道を聞きたいだけなのだと感じた要さんは、

きちんと目的地にたどり着くまでの道を、

教えてあげたそうです。

ただ相手が尋ねてきた目的地を聞いた当初は、

「番組が仕掛けたドッキリか」

と思ったそうです。



驚くべき偶然

「うどん店はドコデスカ?」

そう尋ねられたので、

要さんは最初ドッキリと勘違いしました。

なぜなら要さんは2011年に、

「うどん県副知事」という香川県をPRする、

観光大使に就任していたからです。

うどんの消費量で全国1位を誇っている香川県は、

その特徴をもって

「うどん県」と認識されて知名度も高くなっています。


要さんはそんな香川県の顔として、

活躍しているのです。

そういった背景があるので、

いきなり外国人からうどん店の場所を聞かれ、

要さんが驚くのは無理もないことと言えます。

今回は本当にたまたま見かけた要さんに、

声をかけただけなのでしょう。

ネットの反応

今回たまたま起こった出来事は要さんだけでなく、

他の人も大いに驚いたことと思います。

要さんが投稿した話には、

たくさんの人が笑ってしまったようです。

・めっちゃウケる。

・さすがは「うどん県副知事」だ、風格が違う。

・よっ、うどん県のレジェンド!

・副知事、ご公務お疲れ様です!

・うどん店の案内を要さんにしてもらえるなんて、この人はなんてラッキーなんだろう!

要さんがうどん店までにいたる正しい道を教え、

迷った人を導きました。

まさに「うどん県副知事」にふさわしい出来事だった、

と言えるのではないでしょうか?