猫ちゃん

鼻が蝶々のような形をした子猫がたくさんの人々に支えられながら立派に成長!

蝶々みたいな形の鼻

今回ご紹介する子猫の名は「マーベル」と言い、

蝶々のような形をした鼻が特徴的な猫です。

マーベルは生まれつき唇と鼻先が裂けており、

この症状を口唇裂と呼びます。

そのため誰かの支えなしには、

上手にエサを食べることができないのです。

しかしマーベルは、

そんなハンディキャップをものともせず、

周囲に支えられながら前向きに生きています。

マーベルは2014年11月、

母猫のお腹の中にいた時、

飼い主さんに捨てられたそうです。

その後カナダの動物保護施設で生まれた彼は、

子猫6匹の中で唯一先天性異常を持っていました。

しかし他の子猫達にも負けないくらい、

強いハートを持っていたマーベルは、

元気に成長していきます。



周りの人に支えられ…

マーベル君を見守っていた、

動物保護施設のスタッフさんは、

次のようにコメントしています。

「マーベルが立派な猫へ成長することを願う私たちは、チューブや哺乳瓶で約3時間おきにミルクを与えました。するとそんな私たちの期待に応えるかのようにマーベルは順調に成長し、生後5週間くらいには健康で元気がいい猫へと生まれ変わったんですよ。」

時は流れて翌年の2月、

里親さんに引き取られたマーベルと兄弟のトトは、

温かい家で幸せな暮らしを送ります。

たくさんの愛情を家族から注がれた2匹は、

新しい家でもさらに順調に育っていきました。

立派に成長

飼い主さんによると、

マーベルとトトは強い絆で結ばれており、

今でもずっとくっついて離れることがないそうです。

ハンディキャップを持って生まれたマーベルですが、

幸せに暮らしています。

それは施設のスタッフさんや新しい家族など、

多くの人々が彼を支えてくれたからでしょう。

先天性異常を抱える動物は、

マーベルの他にもたくさんいます。

先天性異常を「欠点」ではなく、

「チャームポイント」と受け入れる人々が、

その子たちの周囲に増えれば、

もっと数多くの動物たちがマーベルのように、

幸せを手にすることができるのではないでしょうか?