かわいい

一見ワンちゃんか白クマに見える、ある動物の赤ちゃんから目が離せない!

ライライ

あるご家庭で飼われているアカギツネの赤ちゃん、

「ライライ(Rylai)」が話題になりました。

名前の由来は「DOTA2」と言うゲームの、

登場人物から付けられたようです。

キツネはその毛皮ほしさに、

多くの人の手によって虐殺されてきました。

ライライの仲間も、

人間がその数を減らしたそうです。

そのためライライのこのような姿は、

残虐な現実に対する良い変化の表れでもあるのです。



アカギツネ

キツネと一口に言っても数多くの種類があり、

ライライは「アカギツネ」に分類されます。

ライライはこんなに真っ白な色をしていますが、

ホッキョクギツネではありません。

毛皮の色だけを見るなら、

ホッキョクギツネと勘違いしてしまいそうですね。

ライライの飼い主さんはブリーダーでもあります。

アメリカでキツネが、

ペットのように飼えることを望んでいるそうです。

キツネを飼うにはそれなりの知識が必要なため、

ペットとするには難易度が高いのです。

ライライは飼い主さんがしっかりしているから、

こんなに可愛い姿が見られるのですね。

人気者のライライ

ライライの瞳は綺麗なブルーで素敵です。

中にはこの神秘的な表情でメロメロになった人も多いかもしれません。

ライライがペットとして元気に成長していく姿が知られることで、

人間のせいで消えていくキツネの命が救われるかもしれません。

そしていつの日か、

こんなに可愛らしいキツネをペットとして迎え入れ、

一緒に暮らせるようになる日も、

近くなることでしょう。