泣ける

セリーヌ・ディオンが子供たちに「父の死」を伝える時にとった方法とは?

セリーヌ・ディオンの夫の死

セリーヌ・ディオンさんの旦那様は、

ガンとの長い闘病生活の末、

誕生日の2日前にこの世を去りました。

夫であるレネ・アンジェリルさんが38歳の時、

当時まだ12歳だったセリーヌさんの才能を見出した、

元マネージャーであったセリーヌさんの旦那様。

彼らの関係が恋愛に変わったのは、

セリーヌさんが19歳になった頃で、

年齢差に疑問の声はあったものの、

2人はその程度で諦めたりはしませんでした。

2人は1994年にカナダで結婚式を挙げ、

結婚途中には双子の男児を出産しました。

しかし1998年にレネさんの食道ガンが発覚し、

セリーヌさんは旦那様の看病をします。

そして治療に専念するため、

2014年には2人とも仕事を休みました。

そんなセリーヌさんへ復帰を頼んだレネさんの声に押され、

彼女は2015年3月に仕事を再開したのです。

そして2016年1月、

レネさんは天国に旅立っていきました。

さて子供たちにセリーヌさんは、

どうやって父の死を伝えたのでしょうか?



「死」の伝え方

73歳でこの世を旅立った、

セリーヌディオンさんの旦那様と、

セリーヌさんの間にはレネ=チャールズ君と、

双子のネルソンちゃんとエディちゃんと言う名の、

子供たちがいます。

セリーヌさんはまだ6歳の双子に、

父の死をどう伝えたのかを語りました。

「パパがもういないということを子供たちへ話す前に、人は誰でも病気になるということを話しました。そして『カールじいさんの空飛ぶ家を覚えている?』と切り出したんです。この映画は私たちのお気に入りなの。」

『カールじいさんの空飛ぶ家』はディズニーの映画です。

長年連れ添った妻であるエリーさんを、

病気で亡くした主人公のカールさんが、

「一緒に行こう」

と約束していた伝説の滝を目指し、

風船を家につけて空へ旅立つというストーリーです。

空の旅

「うん、知ってる!エリーはお空へ行ってしまったんだよね。風船と一緒に。」

そう答えた子供たちに対し、

セリーヌさんは父もエリーさんと同じく、

空へ旅立ったのだということを告げたそうです。

そして2人を外へ連れ出したセリーヌさんは、

「パパに愛してるよ、空の旅を楽しんでね」

と呼びかけるように促しました。

さらに「妖精の粉」と呼んでいる粉末を、

空へ向けながら息で吹き飛ばし、

風船を放したそうです。

セリーヌさんは、

空への旅は希望のある楽しいものだということ、

父はここにいないが、

幸せだということを伝えたかったと話します。

こうして6歳の双子は父とお別れをしました。

レネさんはきっと見えないところで、

空の旅を楽しんでいることでしょう。