猫ちゃん

火事で家と財産を失いながらも大切な家族だけは力強く抱きしめる老人!

83歳の男性の家の家事

83歳の男性の家がある日、

炎に包まれて彼は住む家と財産を失くしました。

しかし男性はとても大切なものだけは、

失くさずに済んだのです。

火事が起こったのは木曜日。

アリ・メセさんはトルコの西部の小さな村に住んでおり、

その日は家にあるガスストーブに、

火をつけようとしていました。

しかし思うようにつかず、

代わりに小さな爆発が起こります。

それが原因でアリさんの家は、

火事に巻き込まれました。

異変に気付いた隣の住人がすぐに消防士を呼び、

消火活動と救出活動が始まりました。

何とかアリさんと奥さんと息子さんと、

猫を助け出すことはできましたが、

炎を消すことはできずに家のほとんどが、

焼け落ちてしまったのです。



アリさんと猫

アリさんは杖で自らの身体を支えつつ、

突然の出来事に怯えている猫を抱きしめました。

そして彼らはお互いを励まし合うかのように、

いつまでも抱きしめ続けたのです。

不幸中の幸いとして、

アリさんは致命傷と言えるほどの大けがを、

負うことはありませんでした。

しかし火傷はしていたため、

治すためには入院する必要がありました。

その後アリさんと猫の話は彼が入院している間、

トルコ中に広がっていきます。

アリさんの入院する病院には、

トルコの赤十字から猫のための贈り物が届けられました。

贈り物は猫が安心して寝ることのできるベッド、

そして不安を感じることなく移動できるキャリーです。

みんなからの贈り物

その贈り物は猫の身体とアリさんの心を、

同時に温めてくれました。

猫はさっそく贈られたキャリーに入って、

アリさんのいる病院を訪れ、

アリさんとまた会えたことをとても喜びました。

そしてアリさんの方も、

大切にしている猫を力強く抱きしめながら、

嬉しそうな表情で笑ったのです。

アリさんはこれからも、

大変な時期が続いていくことが考えられます。

しかし最愛の猫と一緒ならば、

どんな困難にも負けずに立ち向かい、

以前のように穏やかな日々を再び取り戻せる日が、

くることでしょう。