猫ちゃん

大きな猫だった(笑)ピューマを一般的なアパートで飼ってみると・・・

普通のアパートでピューマを飼う

猫の魅力は何と言ってもあの身体力、

そしてキラキラと輝く瞳です。

そんな中で猫好きな方々の中には、

大型の猫科動物にも興味があると思います。

しかしトラやライオン、

チーターにヒョウをまるでペットのように飼育するのは、

無理な話ですね。

ところが、

ロシア在住のサーシャさんとマーシャさんの住まいには、

1匹の大型ネコがいます。


その猫の種類は、

北アメリカや南アメリカに生息している

『ピューマ』です。

ピューマはトラやライオンとは異なり、

ヤマネコの部類に入ります。

それでもオスは体長100~197センチ、

体重30~120キロと、

普通の家猫とは比べものになりません。

そんな猛獣と上手く生活できるのでしょうか?



メッシとの出会い

サーシャさんたちは、

野性動物園で2歳になるピューマと出会いました。

その子は生まれつき筋肉に問題があり、

平均的なピューマより30%ほど体が小さかったそうです。

野生で暮らすのは難しいとされていたピューマに、

サーシャさんたちは一目ぼれをしました。


そして彼らの熱意が伝わり、

ピューマを家族として迎えることに!

名前は『メッシ』と名付けられ、

家猫として暮らすことになりました。


サーシャさんの自宅は普通のアパートでしたが、

メッシが快適に暮らせるよう専用のプレイルームを作り、

運動不足にならないように、

散歩は1日2回出かけているそうです。

優しいメッシ

メッシはちゃんと、

トレーニング教室でも大人しくしています。

他の犬より落ち着いているかもしれません。

猫が教室に通えるとは、

よほど穏やかな性格のようです。


人間に育てられたメッシは、

人懐っこく甘えん坊とのこと。

噛みついたり家具を引っ掻くこともなく、

普通の猫よりも大人しいようです。

楽しそうにピューマと暮らすサーシャさんたちですが、

彼女は自身のYouTubeチャンネルで、

次のように語っています。

「ピューマを家で飼うことを進めているわけではありません。メッシはとてもユニークですが、他のピューマと同じではありません。気軽に飼うのは大変危険です。」

不思議な縁で飼い猫として生きるメッシは、

特別な存在です。

これからも2人の愛に包まれて、

幸せに過ごして欲しいですね。