びっくり

キンコン西野が小学生の行動力に驚愕!なぜか手渡された「1,465円」の真意とは?

手紙と1,465円

2018年の1月25日に、

お笑い芸人キングコングの西野亮廣さんがブログを更新。

彼のトークショーに来た1人の小学生に関するお話で、

その行動は彼の心を揺さぶるほど大きなものだったのです。

24日にレストランで、

「えんとつ町のプペル光る絵本展in三重」

のトークショーを開催しました。

そのトークショーが終わった後、

小学生くらいの男の子が彼の所へやって来たそうです。

男の子は倫太郎くんという名前で、

なぜか彼は手紙と1,465円を手にしています。

倫太郎くんは両方を差し出しながら、

手紙とお金を持ってきた理由について話しました。



ぼくと妹のおこづかい

「手紙の文字数が293文字だったので、1,465円です。ボクはスマホを持っていないので、アナログのレターポットです」

「レターポット」とは1文字5円で相手に文字を送る、

西野さんが運営中のネット上のサービスです。

自分の言葉をお金と一緒に送れるのですが、

直接会っているのだからとお金を断ろうとします。

すると倫太郎くんの家族に、

手紙を読んでほしいと言われました。

手紙にはこう書かれていました。

「この1,465円は、ぼくと妹のおこづかいです。このお金は西野さんが考えた成人式で使ってください。みんなが笑顔になってくれたら、ぼく達もうれしいです。」

1,465円は「はれのひ」問題の、

被害者のためだったようです。

「はれのひ」問題

着物の販売・レンタルをしていた会社、

「はれのひ」が成人式当日に閉店したことで、

多くの人が大混乱に陥りました。

この事を知った西野さんは被害者救済のため、

成人式を無料で開催すると発表しました。

必要経費は「レターポット」の売り上げから出すそうです。

倫太郎くんと妹さんはこの事を知り、

「はれのひ」の被害者を助けたいと思いました。


しかし「レターポット」は、

Facebookやクレジットカードの登録をしないと使えません。

そこで直接手渡す結論に至ったようです。

西野さんは彼らの行動に、

大きな衝撃を受けました。

小さな子供がこんなに素晴らしい行動をしている中、

自分たち大人は彼ら以上のことができているのか、

と感じたそうです。

小さな兄妹の行動をきっかけとして、

多くの大人が自身の行動を振り返ったのではないでしょうか?