びっくり

羽の一部が欠けていた蝶に向けた勇気ある行動によって奇跡が…!

羽が欠けていた蝶

アメリカ在住のロミー・マクロスキーさんは、

デザイナーの仕事をしています。

彼女がその仕事で身に付けたスキルを活かして起こした、

勇気ある行動に対して称賛の声が数多く集まっています。

ロミーさんはある日庭の茂みの中から、

蝶の幼虫を何匹か見つけて育てることにしました。

育てた蝶が羽化して3日後、

なぜか羽の一部が欠けている蝶を発見。

原因はさなぎの時にできた傷によるもので、

どうやら羽が欠けた状態のまま羽化してしまったようです。

「これでは飛べないまま、死ぬことになってしまう」

ロミーさんは心を痛めていました。

そしてロミーさんは、勇気ある行動に出ます。



勇気ある行動

ロミーさんが蝶について友人に相談した所、

動画で蝶の羽が欠けた部分を治療する様子を、

撮影しているものがあると教えてくれました。

ロミーさんは細かい作業が得意なので、

その動画を手本としながら自分で、

蝶を治療することにしたのです!

まずロミーさんは、

治療に必要な道具を準備しました。

蝶の小さな体になるべく負担をかけないよう、

そっと優しく丁寧に治療していきます。

欠けて不足している羽の部分は、

治療の前の週に亡くなった別の蝶から、

移植することにします。

治療は無事に成功して、

蝶は新しくなった羽を広げて、

外の世界へ飛んでいきました。

ネットの反応

ロミーさんの治療によって、

蝶の羽は何事もなかったかのような姿となりました。

そして自身のSNSに一連の出来事を投稿したところ、

2万以上もシェアされるほどに。

・すごい!ロミーさんは、なんて才能の持ち主だ。

・人と蝶による素晴らしい話。感動しました。

・死んでしまった蝶も、救われたと思う。

ロミーさんは自身の才能を駆使して、

1匹の蝶の命を救いました。

才能はもちろん素晴らしいですがそれにも増して、

彼女の持つ優しい心が人々の心を動かしたのです。