わんちゃん

行方不明になった後、疲れ果てながら帰ってきた愛犬が持っていた謎のメモ!

疲れ果てた様子のルイ

ニュージーランドに住んでいるマロリンさんの家族は、

ルイという犬を飼っています。

ある日そのルイが、

いなくなってしまったことに気がつきます。

ルイは12歳の老犬なので、

もしかしたら帰り道で、

迷子になってしまったのではないかと心配していた所、

彼は疲れ果てた姿で帰ってきました。

歩くどころか立っているのもつらそうな愛犬は、

地面に崩れ落ちるように座ります。

マロリンさんたちはその姿を見て、

「誰かに危害を加えられたのでは?」

という不安が頭を過ぎりました。

何か手掛かりはないか、

ルイの体をよく見てみたところ、

首のあたりに見慣れないメモのようなものが、

くっついているのを発見します。



謎のメモ

「ルイは今日のヒーローだよ。彼は枝の山に引っかかってもがいていたマディのところに、ボクを連れて行ってくれたんだ。」

メッセージを書いたのは、

近くで農家を営んでいるロブさんです。

マロリンさんたちは早速、

ロブさんに連絡をとって、

詳しい事情を聞きました。

ロブさんはその日、

朝からいなくなった飼い犬のマディを探し、

焦っていたのですが、

そんな彼の前にルイが、

何かを訴えかけるような様子で現れたのです。

「この犬は何かを知っているに違いない!」

と感じたロブさんは、

ルイの後についていきました。

そして、

愛犬が苦しんでいる姿を発見したのです。

ヒーロー・ルイ

しかもルイは、

ただマディの居場所を教えるだけではありませんでした。

枝の山に引っかかっていたマディをロブさんが救出する際、

ルイは枝を引っ張って土を掘り起こし、

必死に救助作業を手伝ってくれたのです。

高齢で体の融通がきかなくなりはじめていましたが、

困っている他者が目の前にいる

「ヒーロー」のルイにとって、

そんなことは関係なかったのでしょう。

マロリンさんは最後にこう語りました。

「私は、ルイを本当に誇りに思います」

その想いはきっと助け出されたマディ、

そして彼のもとまで導かれたロブさんも同じはずです。