猫ちゃん

悲しげな表情を浮かべる誰もが放っておけなくなるような猫の意外な人生とは?

斜視

「斜視」という目の病気があります。

両目の瞳が同じ方向を向いていない状態です。

テレビで活躍している方の中にも、

この斜視になっている方がいますが、

原因は生まれつき・加齢・事故などがあるとのこと。

この病気は人間に限ったことではありません。

猫にも斜視の子がいます。

今回ご紹介する猫の名前は「バム」。

バムは斜視の影響で、

いつも心配そうな表情をしているそうです。

この個性的な顔をしたバムには、

悲しい過去と素晴らしい出会いが待っていました。



悲しそうな表情

バムは生後5週間の頃、

兄弟と一緒に保護施設に引き取られました。

そこで働いていた女性が、

新しい飼い主さんになったそうです。

ちょっと心配そうなバムの目に惹かれたとのこと。

斜視は目が不自由そうに見えますが、

視野が狭くなるだけで視力はあるそうです。

室内などの安全な場所であれば、

普通に生活できます。

ちなみに斜視は、

「シャムネコ系」「クリーム色の被毛」の子に多く見られ、

視覚経路の遺伝が関係しているそうです。

不思議と少し寄り目の方が、

神秘的で魅力的に見えますね。

魅力的で個性のある瞳で、

飼い主さんに愛されているバムは、

とても大切に育てられているようです。

少し悲しそうなバムの顔を見たら、

思わず抱きしめたくなりますね。

これからも飼い主さんと、

たくさんの思い出を作ってほしいですね。