おもしろ

「不謹慎だけど笑った」大雪警報の日に息子が発した言葉に母親は大爆笑!

2018年1月12日、

日本列島は冬型の気圧配置が強まり、

特に新潟から北陸3県、

山陰にかけて大雪になりました。

大雪のため、石川、富山両県のインターチェンジで、

上下線合わせて約410台もの車が動けなくなり、

市内でもスリップ事故が多発しました。

新潟では大雪のために列車が止まり、

430人の乗客を乗せたまま、

15時間も立ち往生するという事故も発生し、

雪の怖さを思い知らされました。

雪国の人は慣れているとはいえ、

無音状態でシンシンと降り続ける雪は怖いもの。

雪の世界に閉じ込められてしまうような恐怖を覚えます。

そんな大雪が降る中でも、

子供は楽しい発想が沸いてしまうようです。



大仏の給食当番

Twitterユーザーである

「たかやまさん」の息子さんが、

ある物を見て一言呟いたそうです。

「大仏が給食当番している」

意味の分からないこの一言。

次の写真を見れば一目瞭然です。

大仏様の顔しか見えていないこの状態。


大人であれば

「大雪だったから…」で終わりそうですが、

そこは想像力のある子供は違います。

給食当番の大仏様になってしまうのです。

ちなみに写っているのは、

富山県高岡市の大佛寺にある大仏様とのこと。

母爆笑

ちなみに現在の給食当番は、

昔のように三角巾ではありません。

こうしてみると雪を被った大仏様が、

給食当番のように見えますね。

あれほどの大雪で、

まったく顔に着雪していないのも不思議です。

大仏様はあの巨大な体で、

誰に給食を持っていくのでしょうか?(笑)

大雪警報が出ている緊迫した状態で、

思わず笑ってしまったお母さん。

「たかやまさん」のツイートには、

たくさんのコメントが寄せられていました。

本当に、子供の発想は自由で面白いですね。