びっくり

電車の中に15時間も閉じ込められた男性が「感謝の言葉」を語った理由とは?

信越線の立ち往生

2018年1月11日から12日にかけて、

電車のトラブルがありました。

新潟県三条市で、

乗客430人を乗せたJR信越線の電車が、

雪のために立ち往生したのです。

乗客は電車内に約15時間という長い時間、

閉じ込められました。

中には体調不良で病院に運ばれる人もいて、

乗客の身体的負担は大きかったでしょう。


報道を受けて、

「JRはなぜ早くバスなどを手配しなかったのか」

「乗客にも除雪を手伝わせれば良かったのに」

など、JRの対応に批判や疑問の声が多く寄せられました。

そんな中、

実際に立ち往生した電車の中にいた男性で、

Twitterユーザーの@mikeyalo0914さんが、

閉じ込められた時の様子や心境をツイートしました。



感謝の言葉

意外にも彼の言葉は、感謝の言葉でした。

実際にこういう場面に直面して、

JRの方の苦労やありがたみを肌で感じたと言います。

運転手さんは応援が来るまで1人で乗客の対応をし、

除雪作業もしていたのです。

たった1人で車内や外を駆けめぐる、

運転手さんの必死な姿を目の当たりにしたら、

感謝しかないと彼は語ります。


「除雪作業はみんなでやれば良い」

と言うのは簡単ですが、

素人に真っ暗な中で除雪作業をさせたら、

怪我人を出してしまうかもしれません。

その場は運転手さんに任せるしかないのです。

車内放送から運転手さんの疲れを感じ取った乗客からは、

「頑張れ!頑張れ!」

と言う声も上がっていたといいます。

みんなの反応

乗客と運転手さんが一体となった一瞬ですね。

投稿者さんはJRの方の一生懸命さや心遣いに敬意を表して、

お礼を言いたいと心から思っているとのことでした。

この感謝の言葉に、

多くの称賛の声が寄せられています。

・雪国に住む身としては乗客も対応に追われるJRの人も、両方大変なんだろうと思って見ていました。

・報道からは分からない詳しい様子が分かってよかったです。全員が最善を尽くしているのですね。

・つい批判してしまいがちですが、偏った情報から判断してはいけないと学ばされました。


何かトラブルがあった時に、

批判するのは簡単です。

しかし、

物事をしっかり見極める目を持ちたいですね。

乗客も大変だったでしょうが、

対応に尽力したJRの方々も大変だったでしょう。

本当にお疲れ様でした。