びっくり

撮影した鳥の群れの写真をパソコンで確認してみたら奇跡の1枚になっていた!

樹々の葉が無くなり、

緑の少ない冬はバードウオッチングの季節です。

林や草原に生息している野鳥は敵から身を守る、

パートナーを見つける理由で、

羽の色を変化させる個体が多く、

その変化も野鳥を楽しむ魅力かも知れません。

そのような野鳥に、

「ホシムクドリ」という鳥がいます。

ムクドリより少し小さめのホシムクドリは、

冬は黒に星がちりばめられているように、

白や黄白の斑点模様がみられる小鳥です。

世界的に見られる鳥ですが、

日本には冬鳥として西南日本で少数渡来しているそうです。

そのホシムクドリを、

外国の写真家が素晴らしい状態で撮影しました。

撮影後に写真を整理していると、

驚くような1枚が取れていたとのこと。



鳥の群れの写真

「ダニエル・ビーバー」さんは、

ドイツ出身のフォトグラファーです。

スペイン北東部の海岸上空を飛ぶ、

ホシムクドリの群れを撮影したダニエルさん。

撮影し終わった写真を、

パソコンで確認していたそうです。

そこで「驚くような1枚」を発見します。

その写真をダニエルさんは、

国際コンペに出品したところ、

見事に最優秀賞を獲得しました!

ホシムクドリは繁殖能力がすごく、

鳥の世界では迷惑がられたりもしています。

そしてあまり派手ではありませんが、

夏には光沢のある緑や紫色をした美しい鳥です。

奇跡の1枚

無数のホシムクドリが群れをなし、

1羽の巨大な鳥となって羽ばたいています。

「これまでもずっとホシムクドリの群れを追ってきたけど、望みどおりのショットが撮れたことは一度だってなかった。そして最終的にあの場所にたどり着いて、4日間連続で彼らの姿を撮影し続けたんだ。鳥たちの群れが奇妙な形を作り出すことはたびたびある。何が生み出されるかは完全にランダムで…ときおり、それは私たちの心に刻まれるような、幻想的な模様を描くんだ。」

この作品について、

ダニエルさんはこのようにコメントしています。

ホシムクドリに注目し、

根気強く撮り続けてきた成果がこの作品。

鳥の神様はダニエルさんに、

奇跡を見せてくれたのかも知れませんね。