猫ちゃん

飼い主と猫が信頼し合えているかどうかは、猫が寝ている場所で分かる!?

ついさっきまで甘えていたと思ったら、

次の瞬間に全然つれない態度をするなど、

猫の心は気まぐれです。

お気に入りのオモチャを購入し、

好物のご飯やオヤツを用意するなど、

飼い主さんの方が愛猫に、

気を遣っているのではないでしょうか?

「自分はこの子に好かれているのだろうか…」

気ままな猫と暮らすのは楽でもありますが、

やはり好いてもらいたいですよね。

そのような心配を抱えている方に、

あなたと愛猫の関係が分かる方法があるのです。

それは愛猫が寝ている場所で、

飼い主さんとの関係性が分かるとのこと。

猫と飼い主さんの関係は、

親子関係に似ています。

あなたと暮らしている猫は、

普段どこで寝ていますか?



近くで寝ている場合

成猫になってもお世話をしてくれる飼い主さんは、

まさに親のような存在。

近くに寝ていればいるほど、

信頼している証です。

顔の近く

顔の近くで寝る猫は、

子猫の気持ちが残っている甘えん坊です。

安心してのびのびとした寝相をしています。

布団の上

布団の上や股の間で寝ている猫は、

大好きな飼い主さんと、

布団に囲まれて寝ることに安心しています。

布団の上や股の間で寝られると、

重くて寝がえりもしにくいですが、

その重みに幸せを感じてしまいますね。

また飼い主さんの寝相が悪いと、

それに合わせて猫が移動する場合もあるそうです。

布団の中

布団の中で寝ている猫は、

とても飼い主さんが大好きで、

かなりの甘えん坊なです。

性格も明るく警戒心もない猫は、

布団の中が安心できるようです。

中に入るのは

「寒いから」という理由もありますが、

なかには暑い夏でも、

甘えたくて布団に潜り込む猫もいるようです。

離れて寝ている

せっかく一緒に暮らしているのに、

なぜか離れた場所に寝ている猫がいます。

その理由はなぜでしょう?

警戒心が強い

成猫から飼った猫は警戒心が強く、

いつでも逃げられる体勢で寝ています。

性格的に自立している事も理由です。

猫は単独で動く動物なので、

1匹で寝るのは寂しくはありません。

また離れていてお尻を向けている猫は、

それなりに信頼関係があります。

子猫は母猫にお尻を向けて寝るそうです。

この寝姿は安心して母猫に身を任せている、

という意味があるとのこと。

その他の理由

気温の関係で、

飼い主から離れる場合もあります。

子猫時代のしつけで、

自分のベッドで寝る場合もあります。

愛猫の寝場所で、

信頼関係が薄れていると感じる方は、

一緒に遊んであげることをお勧めします。

ご飯やトイレの始末も重要ですが、

愛猫とのスキンシップは大切です。

また離れていても、

安心して寝られようにして下さい。

そうすることで、

信頼関係は深まると思いますよ。