びっくり

フロントガラスの氷を除去し、且つ凍らなくなる方法→お湯で溶かすのは危険!

寒くて布団から出にくい冬の季節。

どうにか出かける支度を整えて車に向かうと、

フロントガラスがキンキンに凍っていることが、

多々あると思います。

この状態では、車の運転はできません。

車内を温め、

スクレイパーで氷を削るのも時間がかかります。

出勤時間がどんどん迫り、イライラはピークに。

急ぐあまりにお湯をかけて、

氷を溶かそうとする方もいると思いますが、

場合によってはフロントガラスが割れてしまう事もあり、

車を修理する事態になりかねません。

そこで、

慌ててお湯をかけずにすむ方法をご紹介します。

手作り解氷剤

市販でフロントガラスの解氷剤が販売されていますが、

身近にあるものでも簡単に作ることが出来ます。

用意するものはこの4つです。

清掃用エタノール:300ml
水:100ml
台所洗剤:数滴
スプレーボトル:500ml

スプレーボトルに材料を入れ混ぜたものを、

霜が付いてしまったフロントガラスに、

吹き付けてワイパーを動かすと、

簡単に除去することができます。

アルコールを水で溶かすことで、

発生する揮発熱で氷を溶かし、

洗剤が汚れも落とす仕組みです。



お湯をかけると…

これなら家にある材料で、

気軽に作れるのではないでしょうか?

毎朝この作業が面倒と思われる方は、

フロントガラスにシートを被せれば予防できます。

お値段も1,000〜2,000円とお手頃です。

窓に挟むタイプとマグネット式などあり、

インターネットでも購入することができます。

「解氷剤を作るのも、シートをわざわざ取り付けるのも面倒、お湯が一番手軽だよ」

このようにお考えの方は、

ぜひ上の画像をご覧ください。

これは熱湯をかけてしまった結果、

ひびが入ってしまったフロントガラスの画像です。

動画はこちら!

運転中に飛び石などで、

小さな傷ができます。

そこへ熱湯をかけると急激な温度変化が加わり、

フロントガラスが割れてしまうのです。

お湯をかけるのなら、

40度以下を厳守する必要がありますが、

厳寒地ではすぐに凍ってしまうのでお勧めできません。

地域によって寒さも異なります。

この動画をご覧になり、

自分なりの対策を検討してはいかがでしょうか?