猫ちゃん

「違う、そうじゃない」飼い主をじっと見つめる猫の大きな勘違い!

Twitterユーザーの@norn292_9さんは、

自宅で猫と一緒に暮らしています。

飼い猫をとても可愛がっている投稿者さんですが、

日々の暮らしの中で

「毎回ツラい気持ちになる」場面があるそうです。

それは、あるものを手に取った時に起こります。

猫が飼い主さんの持っているものを、

熱心にずっと見つめ続けるのです。



猫の勘違い

猫が毎回向ける視線の先にあるものは、

永谷園の調味みそでした。

飼い主さんが持っているものを

「ちゅーる」だと勘違いしているため、

いつもじっと見つめてきます。

ちゅーるとはいなばペットフードの猫用おやつで、

写真に写っている調味みそと形が似ているのです。


そのせいで飼い主さんは味噌汁を作る際、

いつもツラい気持ちを味わっているとのこと。

確かに、

飼い主さんがおやつを持っていると思ったら、

くれると期待してしまいますよね。

飼い主さんの申し訳ないと思う気持ちと、

猫のアツい眼差しは、

なんとも言えない気分にさせられます。

ネットの反応

このツイートに対して、

ネット上では多くのコメントが寄せられました。

・「くれないんだ~。自分だけ食べるんだ~」って顔してる(笑)

・期待に満ちた表情がたまらなくかわいいです…!

・ちゅ~るの力、おそるべし

・麻婆豆腐の素やカフェオレを持ってても、「にゃー! にゃー!」いいながら怖いくらい追いかけられる

「ちゅ~る」の存在は、

猫にとってそれくらい素晴らしいものなのですね。

今回のお話で、改めて思い知らされました。