かわいい

完全に野生をどこかへと置き忘れてしまったハヤブサがこちら(笑)

ハヤブサは猛禽類でスズメやハト、

ムクドリなどを食べて生きています。

獲物を捕らえる時は飛びながら足で捕らえたり、

水面に叩きつけて捕らえると言います。

飛行時の速度は100キロにもなるハヤブサは、

「速い翼」が転じてハヤブサになった、

と伝えられています。

そんな野性味溢れるハヤブサも、

人間と一緒に生活をしているとだらけてしまうようです。

漫画家でありTwitterユーザーでもある、

川上十億(@juoku_k)さんが投稿した、

「オナガハヤブサ」の写真が話題になりました。

眼光鋭いハヤブサが人に懐くと、

どんな感じになるのでしょう?



野生はどこへやら…

川上さんのお宅に暮らすハヤブサです。

ハヤブサをアップにしてみると、

とても可愛い顔をしていますね。

しかし一方で、

なんだか置物みたいにも見えます。


ハヤブサが上を向いています。

モコモコした羽と言い上を向いたところと言い、

ハヤブサというよりは猫のようです。

可愛いですね。


久々というのですから、

普段はこんな感じではないのでしょうか。

お布団の上でゴロンゴロンとしているハヤブサ。

羽をたたんでゴロゴロゴロゴロ、

気持ちよさそうですね。

ネットの反応

この投稿に対して、

ネット上では様々なコメントが寄せられました。

・ハヤブサがこんな表情しているのをはじめて見ました・・・

・目が。可愛すぎてヤバいです

・飼い主についていたい猫とかの状態ですね

・俺の知ってるハヤブサじゃねえ

本当に目が可愛いいですね。

ハヤブサのイメージとは全く違います。

ハヤブサでも、

まるで猫のようになってしまうのですね。

珍しいハヤブサの光景でした。