赤ちゃん

「がお〜、がお〜」吠える練習をしている赤ちゃんライオンが可愛すぎる!

ネコ科の動物には珍しく、

たてがみのある雄ライオン。

体重が150~250キロで、

体長が170~250メートルもある、

トラと並ぶ最大の肉食獣です。

百獣の王ライオンは、

群れを守るために迫力のある声をだします。

普段は狩りもせず、

ダラダラ過ごしているように見える雄ライオンは、

群れを脅かす敵に立ちはだかり、

威嚇のために吠えます。

あの思わず恐怖を感じてしまう声ですが、

ライオンにも小さな子供時代があります。

赤ちゃん時代の訓練があってこそ、

あの声が出るのではないでしょうか?

まだヨチヨチ歩きの赤ちゃんライオンが、

カメラに向かってやってきました。

この子は一応吠えますが、

それは威嚇なのか挨拶なのか…?



吠える練習

まだ赤ちゃんで小さな声です。

耳をすましてお聴きください。

4回ほど吠えます。

可愛い声で、まるでカエルのような声です。

お母さんを探す様子もなく堂々と歩いていたものの、

「がお〜」という感じには程遠いです。(笑)

小さな猫よりも可愛い声で鳴いていた赤ちゃんですが、

とりあえず吠えている姿は将来大物になる予感がします。

しかしこのままでは、

敵を威嚇するどころかあまりの可愛らしさで、

逆にみんな寄ってきてしまいそうですね。

ライオンの成長

ライオンの赤ちゃんは、

生後2週間ほどで歩き出すそうです。

この子はまだ赤ちゃんでとても可愛いですが、

吠えようとするのはさすがライオンですね。

離乳期間を迎えて7~10か月ほど過ぎると、

少しは迫力のある声になるでしょうか?

そしてライオンは、5年ほどで成長するそうです。

これからまだまだ修行が続くと思いますが、

赤ちゃんライオンにはぜひ頑張ってもらいたいですね。

あの地響きのするような、

「がお〜っ」と吠える日が楽しみですね。