猫ちゃん

風呂で水遊びを楽しむ三毛猫とそれを眺める茶トラ猫のリアクションが対照的!

人間が猫と仲良くなったのは約1万年前、

メソポタミアの周辺からです。

砂漠で暮らしていたリビアヤマネコが、

古代エジプトでネズミ捕りとして役立ち、

神として崇められたのが初めでした。

先祖が砂漠で暮らしていた猫は、

ほとんどが水嫌いです。

しかし猫の中には、

泳ぐのが好きな猫もいます。

水が好きな猫を見て水が嫌いな猫は、

その子をどう思うのでしょう?

こちらの三毛猫の「さくら」は、

お風呂で水遊びを楽しんでいます。

しかし縁にいる茶トラ「こはる」は、

それが理解できないようです。



水遊びを楽しむ三毛猫

「さくら」が溺れないように、

飼い主さんは足が浸かる程度の水を、

浴槽に入れているようです。

嬉しそうに水の中を歩く「さくら」は、

とても気持ちが良いようですね。

しかし一緒に暮らしていても、

「こはる」にはどうも理解できないようです。

理解はできないものの、

あまりにも楽しそうな

「さくら」が気になる「こはる」。

前足を伸ばしながら触ろうとしますが、

全く届きません。

触るためには、

自分もお風呂に入るしかないようです。

さて、「こはる」はどうするでしょう?

眺める茶トラ猫

いつまでもお風呂から出でこない

「さくら」。

水の感触が楽しいようです。

もっと水を入れると泳ぐのでしょうか?

この絶妙な水の量が、

この子には最高なのかもしれません。

一方「こはる」は、

結局お風呂には入りませんでした。(笑)

水には入りたくないけれど遊びたい

「こはる」は、困惑した表情です。

時々飼い主さんに、

悲しげな目線を向けているような気もしますね。